今日の迷言・余言・禁言

「ミステリーサークル」死なず

一時期「ミステリーサークル」は“われわれが作った”と名乗りを上げた人達がいた。またTVスタッフたちが“作って見せる”という番組を放映したこともある。けれども、それ以降も決して「ミステリーサークル」は無くならず、むしろ“複雑化”して、出現しつつある。今年6月16日には古代遺跡として有名な“ストーンヘンジ”のすぐ近くの大麦畑で直径55メートルにも及ぶ巨大なミステリーサークルが出現した。明らかな“幾何学図形”で、もし人間がこのようなものを作るとしたなら、おそらく綿密な打ち合わせを重ねた数十名のスタッフが、数日掛かりでチームを組んで行いでもしなければ不可能であろう。それが一晩に“ひょっこり”と誰にも知られずに出来上がっているのだ。多くの人は知らないが「ミステリーサークル」には、もしかしたら人間でも作れるかもしれない比較的単純なものから、100%現在の人間の科学や技術では不可能な“精緻な巨大文様”まで実にさまざまである。報道が下火となっているので数として増えていないかのように思いがちだが、その数は数百種を下らない。初期の頃は比較的単純な形状のものが多かったが、近年は複雑化し、極めて芸術的、或いはメッセージ性の強いものまで出現している。実は科学者の中にも、ミステリーサークルを「人間以外が作った」と主張している人もいる。アメリカの大学教授で20年にわたって研究してきたホーレス・ドリュー博士は「未来の宇宙人が作った可能性が高い」ことを論証している。一部の“UFOマニア”だけが騒いでいるわけでもないのだ。ただ、これらの説を認めると、UFOが地球に飛来していることを認めることになり、それにしては近年の“UFO映像”が今一つ閑散としていて乏しい。いっそのこと、宇宙人たちがUFOから降りて来て、作業服を着て地球人と一緒にミステリーサークルを作ってくれると「絵」になるのになぁ。


最近の記事はこちら

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.