今日の迷言・余言・禁言

「ミステリーサークル」死なず

一時期「ミステリーサークル」は“われわれが作った”と名乗りを上げた人達がいた。またTVスタッフたちが“作って見せる”という番組を放映したこともある。けれども、それ以降も決して「ミステリーサークル」は無くならず、むしろ“複雑化”して、出現しつつある。今年6月16日には古代遺跡として有名な“ストーンヘンジ”のすぐ近くの大麦畑で直径55メートルにも及ぶ巨大なミステリーサークルが出現した。明らかな“幾何学図形”で、もし人間がこのようなものを作るとしたなら、おそらく綿密な打ち合わせを重ねた数十名のスタッフが、数日掛かりでチームを組んで行いでもしなければ不可能であろう。それが一晩に“ひょっこり”と誰にも知られずに出来上がっているのだ。多くの人は知らないが「ミステリーサークル」には、もしかしたら人間でも作れるかもしれない比較的単純なものから、100%現在の人間の科学や技術では不可能な“精緻な巨大文様”まで実にさまざまである。報道が下火となっているので数として増えていないかのように思いがちだが、その数は数百種を下らない。初期の頃は比較的単純な形状のものが多かったが、近年は複雑化し、極めて芸術的、或いはメッセージ性の強いものまで出現している。実は科学者の中にも、ミステリーサークルを「人間以外が作った」と主張している人もいる。アメリカの大学教授で20年にわたって研究してきたホーレス・ドリュー博士は「未来の宇宙人が作った可能性が高い」ことを論証している。一部の“UFOマニア”だけが騒いでいるわけでもないのだ。ただ、これらの説を認めると、UFOが地球に飛来していることを認めることになり、それにしては近年の“UFO映像”が今一つ閑散としていて乏しい。いっそのこと、宇宙人たちがUFOから降りて来て、作業服を着て地球人と一緒にミステリーサークルを作ってくれると「絵」になるのになぁ。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.