今日の迷言・余言・禁言

「モンブランの氷河」が溶け出したら…

「予想しにくいこと」というのが世の中にはある。アルプスの最高峰であるモンブランの“氷河が溶け出す”という現象も、現実にはなかなか予想しにくい。けれども、実際にもう“溶け出して”いるらしい。「地球温暖化」がこういう形で現実になってくると、単なる“科学的なデータ”ではあまり感じなかった“不気味さ”をひしひしと感じる。実際、氷河の下に位置するリゾート地クールマイヨールの住民たち七十数名は、既にそこから批難し始めている。溶け出している氷河が崩落してきたら、ひとたまりもないからだ。それにしても、このような事態を一体だれが想像しただろう。もう「地球」としての“構造的な変化”は終わったものとして、言ってみれば「完成品」として、われわれは受け止めて来ていた。ところが、そうではなくて、かつての“地球の支配者”である恐竜たちが絶滅していったように、もう一度“大きな構造変化”を始めようとしているかのようである。もしも、そうなら、あと百年くらいは静かにしていて、それ以降くらいから変化していってほしいものだと、考えてしまったりする。最近、“富士山の火山噴火”を予想する火山学者も出てきた。今年の場合には、自然現象も明らかにおかしいので、何がどうなっても不思議ではないが、人間というのは勝手なもので、せめてもう百年くらいは「大人しくしていてほしい」と妙な形で、願ったりする。「日本沈没」とか「地球最後の日」とかは、SFの世界だけの話だと、のんびり構えていたのがいけなかったのか。もっとも、考えようによっては、みんな一緒に「火山に埋もれてしまう」なら、「氷河で押しつぶされてしまう」なら、下手に小説のような「わずかな人々だけが生き残る」みたいにならないで、みんな一緒に絶滅していくのが、いちばん良い。どこかの幼稚園みたいに「みんな一緒に手をつないで」同時に埋もれ去っていくというのが、ドラマチックでもあり、地球人の最期として、なんか美しいではないか。


最近の記事はこちら

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

「波木星龍インタビュー記事」は誰に役立つ⁉

時々よく解からない取材や問い合わせが来る。私に対する“インタビュー取材”も、そういう“わからないこと”の一つだ。過日も別々の電話占いの会社から“取材”を受け、それが記事としてまとめられた。その一つは「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.