今日の迷言・余言・禁言

「ヨガ」効果を疑問視させるインド人男性

「ヨガ」の発祥地…いうまでもなく古代インドである。大昔、私がまだ少年だったころ、インド人が書いて日本語訳となった“ヨガの教科書”があった。私はそれを読み、神聖な“ヨガ行者”にあこがれを抱いたものだ。ただヨガのポーズは身体的に難しい。元々身体が硬い私には無理だと悟って止めてしまった。実は十代半ばだったその頃、今では考えられないほど私は“性的欲求”が強まっていた。その欲求を抑制し“自由にコントロールできる”と、その本は教えていたのだ。ところが、どうも怪しいと今頃になって思う。なぜなら近年のインドでは驚くほど“強姦事件”が多い。インドの男性全員がヨガ行者ではないにしても、多くの国民は日常的にヨガを行っているのではなかったか。昨日もインド北部の宿泊施設で、22歳の女性を監禁して薬を飲ませ、40人もの男性たちが4日間にわたりレイプし続けたということで、その施設オーナーと支配人とが逮捕された。先日は東部チュンナイで11歳の少女を半年間にわたりビル内に閉じ込め、そのビルの警備員や保全要員たち総勢17名が、かわるがわる強姦し続けたということで17名全員が逮捕された。さらに、その前には15歳の少女に強姦を繰り返していたとして学校長と教師二人、未成年者11人が逮捕された。5月には東部シャルカンド州で16歳の少女が集団強姦に遭い、その挙句に焼き殺された。一体全体どうしてこんなにも“強姦好き”が揃っているのか。しかも、学校長とか、教師とか、ビルの警備員とか、本来なら“それを防ぐべき人々”が平気で行っている。ただ単に“性欲が強い”では済まされない。倫理観とか道徳心も加わってくる問題なのだが、ヨガの重要なテーマの一つは“感覚の制御”、本当にヨガが効果を発するものなら、ぜひそれをカラダで証明してほしい。


最近の記事はこちら

「自由&平等」は「責任」の元に与えられる

何かが違う。そんな“違和感”をおぼえるのは私だけなのだろうか。全国各地の“同性カップル”が2月14日に国を相手取り“損害賠償”を求めて一斉提訴するというのだ。つまり、同性婚を認めないのは憲法が保障する…続きを読む

長寿「113歳の顔」の特徴

男性としては「現存する世界最高齢」と昨年ギネスで認定されたばかりの足寄町の野中正造氏が亡くなった。1905年7月25日生まれなので享年113歳だった。前日までは元気にしていたらしい。これこそ“大往生”…続きを読む

本人よりも詳しい「オタク」がいる⁉

最近はどういう分野でも“熱烈ファン”や“追っかけ”や“マニアックなオタク”がいる。そして、それらの人は、その人物のあらゆることを知っている。時には、その本人よりも“詳しく知っている”こともある。驚くべ…続きを読む

ホロスコープは「真実」を告げるか

私は、或る程度、どういうところでは何か書くか、何となくだが決めている。そして、ここでは基本的に「占い」を真正面から扱うことはほとんどしないのだが、今日は“どうでも良いニュース”が多かったので、たまには…続きを読む

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.