今日の迷言・余言・禁言

「ロス疑惑」を思い出させる事件

1980年代、日本中の話題をさらった事件に「ロス疑惑事件」がある。最終的に容疑を掛けられた三浦和義氏が留置場自殺を遂げたので、その容疑は濃厚ながら、真相は今でも“闇の中”である。さて、私にこの事件を思い出させたのは昨年4月25日に起きた“大阪での事件”だ。実際には「自殺」として処理されていたのだが、昨日28日に韓国で“殺人事件”として“自殺者の夫”が逮捕された。この韓国人男性22歳は、昨年4月25日に大阪のホテルで“自殺処理”された妻と共に新婚旅行の途上にあった。彼によれば、その理由は判然としないながらも、妻が未明にトイレの中で自殺していた、と警察に通報した。検視の結果、ニコチン中毒死と判明。夫から詳しく事情を聴こうとしたが、早く本国に戻りたいということで、争った跡などないところから本人の希望を入れたようである。これに“不審”を抱いたのは生命保険会社だった。彼らは入籍していたが、それは両家に一切知らせることなく10日前に行ったもので、誰も新婚旅行として大阪に来ていることを知らなかった。その旅行保険は空港内で急きょ掛けられたもので、片方が死亡した時1500万円が受け取れる契約だった。新婚旅行なのに、最初から死亡原因である“ニコチン原液”を日本に持ち込んでいた。しかも、それは夫が海外からインターネットで購入したものだった。これらの事実が判明したことで、韓国警察は夫の自宅を家宅捜索し、携帯電話に「妻を殺して保険金を手にしたい」とのメモを見つけた。実は夫には、2016年12月にも、大阪で別の女性を殺害しようとした過去を持っていた。飲み物にニコチン原液を混ぜたのだが、本人がおかしいと気付き、一命をとりとめていたのだ。実際には“新婚旅行中に殺害を企てた”こと以外は「ロス疑惑」とは異なるのだが、考えてみると、新婚旅行中の海外のホテルというのは、ホテル側も干渉しない傾向があり、身内関係とも離れて、殺人が挙行されやすい舞台設定ではある。それにしても1500万円など2~3年もすれば使い果たしてしまうのに…。


最近の記事はこちら

「境遇」の中で見つける「生き方」

学校ではさまざまな知識や技術を教えてくれるが「生き方」については教えてくれない。「生き方」というものを本能的に学ぶのは、その人が育ってきた境遇が一番なのだ。10月18日の夕方、埼玉県和光市でマンション…続きを読む

「温泉付き別荘」が100円で購入できる⁉

少子高齢化に伴って「空き家」はどんどん増えていく。不動産情報サイトには“驚き価格”が目白押しだ。中でも目を引くのは極端な“たたき売り価格”。本当だろうかと誰もが思う。例えば、伊豆の温泉付き二階建て別荘…続きを読む

「ジュリー」は、もういない

世の中には“美形”に生まれて来る人もいれば、そうでない人もいる。先ごろ亡くなった樹木希林さんは“美形”ではなかったことが、後年になって“重宝”された。CMでも「美しい方はより美しく、そうでない方はそれ…続きを読む

イスラム教は、やっぱり怖い!

イギリスの中東専門ニュースサイト「ミドル・イースト・アイ」は16日、サウジ人記者カショギ氏がサウジ総領事館内で生きたままテーブルの上で身体を切断され7分で死亡した、と伝えている。切断したのは“暗殺集団…続きを読む

インドが「CoCo」で埋め尽くされる日

今から30年以上前、私はビルの中にあった“占いハウス”に出勤する形の占い師だった。或る日、30代半ばくらいのちょっとハーフっぽい男性がやって来た。彼は口数の少ない日本人だったが、ドイツで寿司職人をして…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.