今日の迷言・余言・禁言

「ロス疑惑」を思い出させる事件

1980年代、日本中の話題をさらった事件に「ロス疑惑事件」がある。最終的に容疑を掛けられた三浦和義氏が留置場自殺を遂げたので、その容疑は濃厚ながら、真相は今でも“闇の中”である。さて、私にこの事件を思い出させたのは昨年4月25日に起きた“大阪での事件”だ。実際には「自殺」として処理されていたのだが、昨日28日に韓国で“殺人事件”として“自殺者の夫”が逮捕された。この韓国人男性22歳は、昨年4月25日に大阪のホテルで“自殺処理”された妻と共に新婚旅行の途上にあった。彼によれば、その理由は判然としないながらも、妻が未明にトイレの中で自殺していた、と警察に通報した。検視の結果、ニコチン中毒死と判明。夫から詳しく事情を聴こうとしたが、早く本国に戻りたいということで、争った跡などないところから本人の希望を入れたようである。これに“不審”を抱いたのは生命保険会社だった。彼らは入籍していたが、それは両家に一切知らせることなく10日前に行ったもので、誰も新婚旅行として大阪に来ていることを知らなかった。その旅行保険は空港内で急きょ掛けられたもので、片方が死亡した時1500万円が受け取れる契約だった。新婚旅行なのに、最初から死亡原因である“ニコチン原液”を日本に持ち込んでいた。しかも、それは夫が海外からインターネットで購入したものだった。これらの事実が判明したことで、韓国警察は夫の自宅を家宅捜索し、携帯電話に「妻を殺して保険金を手にしたい」とのメモを見つけた。実は夫には、2016年12月にも、大阪で別の女性を殺害しようとした過去を持っていた。飲み物にニコチン原液を混ぜたのだが、本人がおかしいと気付き、一命をとりとめていたのだ。実際には“新婚旅行中に殺害を企てた”こと以外は「ロス疑惑」とは異なるのだが、考えてみると、新婚旅行中の海外のホテルというのは、ホテル側も干渉しない傾向があり、身内関係とも離れて、殺人が挙行されやすい舞台設定ではある。それにしても1500万円など2~3年もすれば使い果たしてしまうのに…。


最近の記事はこちら

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

“高齢者”と“独身者”の「ハーフ婚」はいかが⁉

最近、どの調査を見ても「日本」がダントツに“1位”を獲得できるものはなくなってきている。そういう中で、唯一“ダントツ1位”をこれからも維持していけそうなのが、65歳以上の高齢者が占める人口比率であるら…続きを読む

「長命」でも「長寿」ではなかった夫婦

世の中には“何となく哀しい”と思えるような事件が時々ある。9月14日早朝、一人の老人が逮捕された。自ら110番をしてきて「家内を殺してしまった。自殺できなかった」と告白し、警察が110番した男の自宅に…続きを読む

「名月」&「雅楽」こそ“日本の美”

私はときどき、自分が日本人らしい生活の仕方をしているのか疑問に思う。少なくとも“平安時代”のような生活からは程遠い。けれども日本に産まれ、日本人の両親を持ち、日本の大地で育ってきたから、日本人特有の「…続きを読む

「ウルトラマン・ブッダ」が地球を救う⁉

タイが“仏教王国”であることは広く知られている。国民の94%が敬虔な仏教徒だ。けれども若い人たちは、必ずしも「仏陀(ブッダ)」だけが“人類を救う”とは思っていない。“正義の味方”であるウルトラマンだっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.