今日の迷言・余言・禁言

「ロボット」がマンション内部まで宅配⁉

「無人宅配ロボット」と聞いても、もはや驚かなくなった。確かに、アメリカや中国では数年先には「実現するらしい」という話も聞く。けれども、宅配とはいうもののあくまで玄関先であって、マンションなどの集合住宅では「共有玄関」に置かれて立ち去られても役立ったとは言えない。そういう“当たり前の課題”に開発者たちが目を瞑るはずがない。既にマンション内まで運んでくれるロボットは開発されているのだ。その実証実験動画がこのほど公開された。ロボット「DeliRo(デリロ)」エレベーターに乗る…といった内容の動画である。竹中工務店と三菱電機の“共同開発”らしい。その、とても一般公開向けまで考えていたとは思えない実験動画では巨大なビルの中まで単独で入っていって、エレベーターの前まで行って「呼び出し」「乗り込み」「階移動」などを完全自律移動していく様子が示されている。もっとも、これは今のところエレベーターが“特定された会社のモノ”であることが絶対条件で、それ以外のエレベーターでは役立たない。まあ、当然と言えば当然のことなのだが…。そして残念ながら今はその程度が日本での限界なのだが、やがてはそういう条件もクリアして、どのビルであろうと、どのマンションであろうと、室内から出ることなくデリバリーが届く時代がやって来るには違いない。届けてくれるロボットも、現在動画などで示されている“無機質な箱形ロボット”などではなくて、可愛らしい女性の姿をした「メイド服ロボット」が良いと思うのは私だけだろうか。ロボットの欠点は、それぞれの“業務向けロボット”は、その業務に適した形状でした作業が出来ない。“精巧な人型ロボット”は今一つ動きが十分ではない。その両方を上手く調和させるのは意外に難しいらしい。もっとも、人は我が侭なもので“精巧な人型ロボット”が与えられれば満足かというと、そうもいかない。やっぱりホンモノの「人」恋しくなったりするのだ。ロボットほど精巧ではなくても良いから、“ウイルス”が付いてるかもしれない“人の手”を求めたりする。


最近の記事はこちら

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

「風水」の根底にあるのは「自然との調和」

ときどき占い師やセミプロの方から「風水」に関する質問を受ける。ところが日頃から占いに“関わっている人達”でも、なぜか「風水」に関しては“誤った発想”を持っている場合が多い。「風水」は“魔術”でも“呪術…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.