今日の迷言・余言・禁言

「一寸先は闇」という“教訓の年”

今年は著名人が突然“ピンチ”に立って、表舞台から消えていくような出来事が多かった。年始から年末まで、ずっとそうだった。“ピンチに立つ”理由はさまざまだが、マスコミが関与しているケースが多かった。それなりの知名度や収入があって、才能にも恵まれた人達が、あっという間に窮地に陥る。それが今日の“情報化社会”だ。特に日本は国土の面積も狭く、人種や言語も一つで一国としてのまとまりが良い。或る意味、まとまりすぎているので“一つの考え”とか“一つの意見”が優先されると、それ以外の考えや意見は抹殺されやすい環境にある。どの地域でも共通した情報が流れ、どの世代でも職業でも共通した知識を共有している。それ故に、人気を得るとか、支持を得るのも早いのだが、バッシングを受けるのも早い。つまり、いったん「悪」のレッテルを張られるとどこへも逃れようがない。仮に、それが“単なる噂”や“憶測”や“誤解”だったとしても、取り返しがつかない。そういう“怖い国”なのだ。しかも日本人は総じて潔癖なので、一度犯した過ちは簡単に許したりしない。確かに、今年“急に表舞台から消えた”人達の多くは、反省すべきところを持っていた。例えば「舛添要一氏」を振り返ってみよう。確かに彼は「社会的地位は金銭を必要とする」という考え方の持ち主だった。そのこと自体は、彼の“考え方”なので、必ずしも「悪」とは言えない。問題は、税金を“プライベートにも流用した”ことだった。彼の考え方の中に「それなりの仕事をしていれば、多少プライベートで使っても許されるだろう」という“甘さ”があったことだ。この“甘さ”が、今年、突然“ピンチに立った”人達に共通してあった。だが、それは彼らだけなのであろうか。実は多くの人達が、そういう“脇の甘さ”を持っている。ところが今の日本は、この“甘さ”を許すことが難しい国になった。したがって余程緊張感をもって日々を過ごしている人でない限り「一寸先は闇」なのである。著名人でない限りマスコミは騒がないが、身近な人たちがマスコミのように眼を光らせているのだ。


最近の記事はこちら

「慰安婦はアイドル」の訪日韓国人たち

韓国にも良識のある人はいる。その一人は世宗大教授の朴裕河(パク・ユハ)氏だ。彼は『帝国の慰安婦』を出版、その内容が慰安婦の方々の名誉を傷つけるとして起訴されたが、今年1月無罪となった。その朴氏だが、こ…続きを読む

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.