今日の迷言・余言・禁言

「丁」は、“燃える松明”を表わす十干

今年は「丁酉」という干支年。単なる“酉(とり)”年ではなく“丁(ひのと)”を伴う酉年なのだ。この「丁」だが、元々は“燃え盛る松明(たいまつ)”を表わすもので、その「炎」が支配している年だ、ということになる。したがって火災が多い。実は昨年暮れに出した『この占いがすごい!』(波木星龍著)の中で、私は「2017年・日本の運勢」の“干支・九星”に基づく解説の中で「同一の干支九星年は1657年にも存在し、その年、江戸で大火災が起こり、江戸城の本丸、二の丸などが焼失し、街中での藁葺き家が禁止となりました。2017年も同じような出来事が生じてくる可能性は否定できません」と記している。ここ2~3日、その兆候でもあるかのような“嫌な火災”が続いている。埼玉県のアスクルの物流センター倉庫で火災が発生し、消火に手間取っている。千葉県の金属加工会社の工場では爆発火災が起き、三名の方が重傷を負った。ここは工場密集地域だ。さらに、それらに誘発されたのか東京・足立区で不審火が30分以内に5件も立て続けに起こった。とにかく、昨年末から、各地で火災が頻発している。現代は江戸時代と違って、消火設備や消防機能が発達しているので、大火災となることは少ないが、それでも工場とか飲食店の密集地帯はいったん火が付いたら連鎖的に燃え広がってしまう。アスクルの物流倉庫も段ボールが大量に保管されていたので燃え広がるのが早かった。工場地帯も爆発物などが使用されているケースが多く、建物が密集していると火災時に危険なのだ。古代には“燃える松明”は、“夜の灯り”として欠かせないものだった。文字を読むうえでも重要なので「書籍」の意味合いがあり、その燃える“明るさ”や“華やかさ”が「文明・文化・芸術」の象徴ともされた。したがって、悪い意味だけではないのだが、“嫌な火災”が続くことだけは“何となく不吉”なので避けたい。


最近の記事はこちら

「宝石」には“念”が宿っている

大昔、王侯貴族は好んで宝石を身に付けた。その典型がツタンカーメン像だ。彼らは、もちろん、宝石に光り輝く財宝としての価値を見出していたからだが、それだけで常に身に付けていたわけではない。古代において、宝…続きを読む

子供たちが“女性となった”「父」を祝福する?

世の中、最近、面倒になってきている。「父の日」は、性転換して女性となった父親にも“その権利?”があるらしい。海外の話題だが、性転換して女性となった父親が、二人の娘たちから「父の日」を祝福されている写真…続きを読む

日経平均2万円は「最初の通過点」

昨日、久しぶりに日経平均が2万円を超えた。これまで何度か超えているが、どうもその後がいただけない。ドル円相場が不安定なので2万円台を維持できずにいたのだ。日本株の場合、どんなにアメリカ株が上昇しても、…続きを読む

狙われたミンダナオ島

6月17日、フィリピンの南部ミンダナオ島に「戒厳令」が出された。過激派組織「イスラム国」に忠誠を誓うフィリピンの武装組織「マウテグループ」と治安部隊との間で戦闘が激化しているからだ。報道によると、マラ…続きを読む

奇跡は“二度”起こらない

時々“奇跡的生還”という言葉が使われる。実際、神秘としか言いようがないような“奇跡”によって、死を免れる人たちが稀に居る。彼カーク・ジョーンズ氏もそういう一人だった。彼は2003年、一つの「挑戦」とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.