今日の迷言・余言・禁言

「下着を履かせる国」と「オッパイ触らせる国」

アフリカのザンビアは保守的なキリスト教国である。したがって「国家指導・宗教相」と呼ぶ閣僚ポストがある。当然のことながら「公然のハダカ」は許さない。例え、それが夜の酒場のステージであったとしても、ダンサーとしての“過激衣裳”パフォーマンスだったとしても、下着を着けず踊ることは許さない。そういうことで、下着を着けない“過激なダンス”で知られる南アフリカの女性ソドワ・ワバンツ氏の入国を認めなかった。宗教相であるゴッドフリーダ・スマイリー氏は「ザンビアは道徳と倫理に従うキリスト教国である」として、女性ダンサーを強制送還したのだ。われわれはイスラム教国が“女性のハダカ”に対して厳しい倫理観を持っていることを知っている。「イスラム原理主義国」等では、ハダカはおろか女性の体形が“判別できる服装”さえも許さない。改めて“保守的宗教”の倫理観の強さというか、厳しすぎる掟を見せつけられた感がある。キリスト教など“アダム&イヴ”はハダカだったのだから、夜の大人のステージでのダンスなどOKしても良さそうにも思うのだが、そういうものでもないらしい。近年、あらゆる部分で“極度の保守化”に戻っていくようで、何となくだが、それが怖い。まあ、その点、わが日本はいろいろなものが“許されている”ので、良い方かもしれない。昨日、渋谷で「フリーおっぱい」と書かれた看板を掲げて、通行人たちに“自由に胸を触らせた”ということで、高校1年の少女と、それをそそのかした男性など3人が“迷惑防止条例違反”で捕まった。どうやらYouTube動画のネタとして企画した撮影用の行為だったらしい。つまりは商売として女子高生が加担していたということらしい。大体、仮に捕まらなかったとしても「フリーおっぱい」という看板につられて、実際に“少女の胸”を触ってみようとする人などいるのだろうか。ましてやカメラを構えている人物がいて、明らかに撮影用と気付く中で、それを行う人物が出て来るとは到底思えないのだが…これって、実態に居た?…ということなのだろうか。触らせる方も触らせる方だが、触る方も触る方で、日本は「平和」だなあ…そういう日本が好き…と思ってしまうのってイケナイコト?


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.