今日の迷言・余言・禁言

「不倫」は「ユズキ」の犯行か

そう言うことってあるんですよ。自分の中から急に“別人格”が出て来て「キミが好きだ」とか言い出すコト。いや、あの旦那さんも普段は普通の“良い旦那さん”ですよ。とても浮気や不倫をするようには見えない、真面目な旦那さんですよ。だけどね、時々、そう月に二度くらいみたいなんですけど、急に“別人格”が出て来て、女のところに泊まりに行くらしいですよ。それでもって、その時の記憶が家を出た時から、急になくなるらしいの。だから帰ってきたときには別なパンツを穿いてることもあるって言ってましたよ。奥さんはね「夫は解離性同一性障害だから仕方がないって…」言ってましたよ。知りません? この間もあったでしょう。静岡県で3店舗から化粧品139点を万引きした女性、すごいですねぇ、139点ですよ。店側は何も気付かなかったのかしら。そうなると、もうプロですよね。ところが、その女性、家を出た途端に「ユズキ」に変わっちゃってるから、記憶がないらしいの。それで結局、裁判で「責任能力は限定的」って、結局、無罪放免と同じですよ。それにしても3店舗とも、どうかしてるんじゃないの。139点も盗み取られていて、気付かないってあります? もしかすると「ユズキ」って、その時だけ“見えない身体”になって盗ってるんじゃないの? だって、別人格って「霊」なんでしょ。だからねぇ。あの旦那さんも「ユズキ」の時には、もしかすると「霊界」に行って不倫してるんじゃないかと私は思うんですよね。でなきぁ、記憶がなくなって、別なパンツ穿いて戻って来るなんてありえないでしょ。あれ、そう言えば私、こないだ温泉行った時、パンツ穿かないで帰ってきましたけど、あれって「ユズキ」の犯行じゃないの。


最近の記事はこちら

さまざまな「生き方」「考え方」があって良い

日本は比較的“自由な国”である。何を言ったからと言って、すぐ逮捕されるとか、処刑されるとかいうことはない。だから、さまざまな「生き方」「考え方」が基本的に許されている。ところが、時々、それを“許すまい…続きを読む

双子の兄弟は別々に「その児」を狙った

「血は争えない」という言葉があるが、こと“双子”に関しては、昔からさまざまな“一致点”が報告されている。今回の報告は、正直、残酷な報告としか言いようがない。向井亮太・勇生(25歳)の兄弟は双子で、どち…続きを読む

脳腫瘍「手術中」も交響曲を弾き続けた奏者

自分の仕事に対して「プライド」を持っている人は多い。この場合には、執刀医とそれを受ける患者とが、共に自分の仕事にプライドを持っていた。だから、執刀医が「左手の神経は絶対傷つけませんから安心してください…続きを読む

「慎重」は良い「慎重すぎる」は良くない

人にはそれぞれ性質があって、その性質に沿った生活をしていればそれほどストレスは溜まらないが、性質にそぐわない生活を強いられるとストレスを生じる。例えば「組織」内の生活がそぐわない人。そういう人は、どう…続きを読む

「007」は戦わずして退散した

4月に公開が予定されている「007」の新作「ノー・タイム・トゥ・ダイ」は主演ダニエル・クレイグ最終作品として注目を集めている。彼は歴代の“ジェームズ・ボンド役”の中でもっとも笑顔が少ない。けれども、そ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.