今日の迷言・余言・禁言

「不正データ」が41万人を苦しめる

三菱自動車の「燃費不正データ」問題が“大事”になってきている。車産業は、日本の輸出産業の中でも“すそ野が広い”業種として知られている。“すそ野が広い”とは、それに関連した企業で“働いている人達が多い”ということである。三菱自動車の場合、その下請け企業はなんと7800社、従業員は41万人に上る。つまり、三菱自動車に“不正問題”が発覚し「燃費の良い車」として宣伝されていたことが“嘘だった”ことで傷つく人達は、当然“それを購入していた人達”もそうなのだが、それ以上に“それを作っていた人達=41万人”に大打撃を与える。彼らは「それ」で生活をしてきていたのだ。当たり前の話だが、生産は一時的にストップする。もちろん、車の売れ行きは急減する。何しろ「それ」が“売り”だったのだ。車の生産がストップすると、当然、下請け企業の「存続」に関わる問題になる。下請けの従業員は41万人だが、その家族が付随している。それらの人達にも影響が及ぶ。大企業に問題が生じると、実は一番“打撃”を受けるのは、名もない下請けの“零細企業”なのだ。大企業に“部品の一部分”を納入していたような従業員3人~8人程度の零細企業が“一番の被害者”となる。彼らには「その後の保証」がない。「運命」が閉ざされるのだ。そういう人達が日本にはごまんといる。なにも“悪いことはしていない”のに、突然、人生を“狂わされる”人達がごまんといる。彼らは“大きな不安”を抱えながら、今日も黙々と作業を続けている。


最近の記事はこちら

「日経平均」より「トピックス」が“鍵”⁉

世界的に株価が“乱高下”している。以前にも述べたように、株価の動きは“実体経済”に先行する。その株価の動きが「二番底」に向かい始めた。つまり、いったん浮上して、もう一度“底値”に向かって下落し始める。…続きを読む

「祖国」「故郷」が“甦る”とき

われわれは普段、自分の“祖国”とか“郷土(ふるさと)”とかを忘れがちである。正確に言えば「…の大切さ」を忘れがちである。特に、さまざまな理由から自国を離れて暮らしている人、或いは郷土を離れて暮らしてい…続きを読む

「運気」は巡って「評価」は変わる

最近、妙な形で評価を上げている人物がいる。元衆議院議員の豊田真由子氏である。このところ、フジ系昼の「バイキング」に「感染症対策のエキスパート」として出演することが多くなった。かつての議員時代、自分の秘…続きを読む

「金持国」が「貧乏国」に“変わる”可能性⁉

アラビアの多くの国は現在「金持国」である。それはなぜかと言えば、いうまでもなく“石油が出る”からだ。昔、貧しかった国の多くは“石油”が出たことで「金持国」に変わったのだ。大昔から“お金持ち”だったわけ…続きを読む

「四川省の森林火災」が予告するもの

私が年初からもっとも“不安視”していたものが、徐々に具体化しつつある。年初から、何をもっとも“怖れ”ていたかと言えば「防ぎようのない自然災害」だった。私は年初にオーストラリアで森林火災が猛威を振るって…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.