今日の迷言・余言・禁言

「世界保健機関(WHO)」の“精神版”が必要

いつの頃からか「世界保健機関(WHO)」というところが、いろいろ有益な情報や提言を発信するようになった。その「WHO」から11日に発信された提言では、肥満や糖尿病を減らすため砂糖が入った飲料水に対して課税を進めるよう各国に対して呼びかけた。何しろ、2014年の統計では、世界の18歳以上の実に39%が“過体重”なのだそうだ。つまり10人のうち4人までが“太りすぎ”だということだ。確かにアメリカなど海外の映像を見ると、この数字は理解できる。ただ日本は、先進国の中では“肥満率”が低い。飲料水は街中にあふれているが、日本の飲料水はそれほど糖分量が多くはない。それに日本の飲料水の容器は総じて小さめである。この部分が実は大きいのだと私は思っている。海外はどこでも、容器の大きな飲料水しか置かれていないケースが多い。しかも、甘すぎる。日本人の味覚からすると、明らかに甘すぎるものが多い。緑茶にさえ、砂糖が混入されている。また、ポテトチップスなどの袋入り食品も、大きい袋物が多い。しかも味も濃い。つまり、飲料水とポテトチップスのサイズが問題なのだ。デカくすればよいというものではない。日本のポテトチップスには、近年、少し“小さすぎるかな”と思えるようなサイズのものも出てきた。実際に食べてみると、一回分としてちょっとだけ物足りない気もするが、この一袋で止めておけば太らずに済むのだろうと思う。つまり、日本では「WHO」が指摘するまでもなく、すでに自主規制されていて、だから“酒樽体型”の人物は少ない。肉体的には「WHO」からの提言はとても良いことで、このまま進めてもらいたいが、それと同時に“精神面でのWHO”も必要で、しかも“待ったなし”の状態である。ところが、そっちの方はどこが担当しているのか判然としていない。“精神面の肥満”に対する早急な対策が必要で、現代人の“慢性的なうつ状態”を何とかしなければならない。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.