今日の迷言・余言・禁言

「世界保健機関(WHO)」の“精神版”が必要

いつの頃からか「世界保健機関(WHO)」というところが、いろいろ有益な情報や提言を発信するようになった。その「WHO」から11日に発信された提言では、肥満や糖尿病を減らすため砂糖が入った飲料水に対して課税を進めるよう各国に対して呼びかけた。何しろ、2014年の統計では、世界の18歳以上の実に39%が“過体重”なのだそうだ。つまり10人のうち4人までが“太りすぎ”だということだ。確かにアメリカなど海外の映像を見ると、この数字は理解できる。ただ日本は、先進国の中では“肥満率”が低い。飲料水は街中にあふれているが、日本の飲料水はそれほど糖分量が多くはない。それに日本の飲料水の容器は総じて小さめである。この部分が実は大きいのだと私は思っている。海外はどこでも、容器の大きな飲料水しか置かれていないケースが多い。しかも、甘すぎる。日本人の味覚からすると、明らかに甘すぎるものが多い。緑茶にさえ、砂糖が混入されている。また、ポテトチップスなどの袋入り食品も、大きい袋物が多い。しかも味も濃い。つまり、飲料水とポテトチップスのサイズが問題なのだ。デカくすればよいというものではない。日本のポテトチップスには、近年、少し“小さすぎるかな”と思えるようなサイズのものも出てきた。実際に食べてみると、一回分としてちょっとだけ物足りない気もするが、この一袋で止めておけば太らずに済むのだろうと思う。つまり、日本では「WHO」が指摘するまでもなく、すでに自主規制されていて、だから“酒樽体型”の人物は少ない。肉体的には「WHO」からの提言はとても良いことで、このまま進めてもらいたいが、それと同時に“精神面でのWHO”も必要で、しかも“待ったなし”の状態である。ところが、そっちの方はどこが担当しているのか判然としていない。“精神面の肥満”に対する早急な対策が必要で、現代人の“慢性的なうつ状態”を何とかしなければならない。


最近の記事はこちら

「勤労感謝の日」84歳、深夜7時間の激務

「勤労感謝の日」というのは、日頃働いている労働者が“骨休め”をして良い日だと多くの人が思っている。ところが、そうではないのだ。この日は元々「新嘗祭(にいなめさい)」という“大祭の日”であった。それが戦…続きを読む

若者より老人の方が“外出好き”だった⁉

国土交通省の調査だから多分、本当なのだろう。日本の場合、20代の若者よりも、70代の老人の方が“多く外出している”という驚くべき結果が公表された。この若者の外出が減ってきていること自体は世界的な現象ら…続きを読む

日馬富士は「流行語大賞」を狙っていたのか?

予想外の方向へと動き出した感のある「日馬富士の暴行事件」。どうも雲行きが怪しくなってきた。人は誰でも酒が入ると、ついつい口が滑る。気持ちもふらつく。だから、時には“タブーな言葉”なんかもぶつけてしまう…続きを読む

21世紀は「海底遺跡」の時代

時代が進むことで、過去が解かって来る。近年、水中考古学というものが脚光を浴び始めている。これまでは、海の底の探索はいろいろな意味で難しかった。それが、ここに来て徐々に可能となった。その結果、まだまだ知…続きを読む

人間の身体は「機械」なのかもしれない

これを読まれる99%の人が「何をバカな…」と思うことだろう。けれども、私は“人間の身体は機械かもしれない”と本気で思っている。だからこそ時々信じられないようなミスが生じる。機械として埋め込まれている部…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.