今日の迷言・余言・禁言

「中国&ロシア」と手を繋げば「北朝鮮」が寄って来る

紀元前の昔から“変わらない法則”というものがある。「国家」の繁栄が続くには、その周辺諸国から侵略される心配がなく、良好な距離感で交易が行われていることだ。そういう点では、日本を取り囲んでいる諸国、韓国、中国、北朝鮮、ロシア、台湾、そして遠いがアメリカという国々に日本は囲まれている。侵略という点で言うと、怖いのは「中国・ロシア・北朝鮮」の三国である。だから未来志向で言うならば、これらの国とは手を繋げるときに、手を繋いでおいた方が良い。もはや“アメリカさん”の守りなど、あまり期待しない方が良い。“アメリカさん”の守りが期待できない以上、一番、防衛で“安上り”なのは“危ないところ”と仲良くしておくことである。そして交易しておくことである。紀元前からの“歴史”は、そういうことを学ぶためにある。そして今、中国は日本に対して、手を差し出している。自分の方から手を差し出して来たのだ。数年前には考えられなかったことである。こういうチャンスを逃してはならない。今、中国は“アメリカさん”に嫌われたことで「やっぱり礼節をわきまえる日本人の方が良いや」と思い直したのだ。今や日本人は“欧米人”と“アジア人”とのハーフのような存在に仕上がっている。少なくとも中国人たちから見ると、そういう風に見えるのだ。ロシア人にとっても、その点では同様であろう。日本人はヨーロッパ人にはない“理解力”というものを持っている。主義とか思想とかを超えた“親切心”を持っている。「北方領土」さえ持ち出さなければ、もっと友好的になれるのに…。もちろん、日本人にとっては“譲れない部分”かもしれないが、その部分を凍結してでも“握手”しておいた方が良い。両国と仲良くすれば、黙っていても「北朝鮮」がすり寄って来る。北朝鮮がアメリカに対して強気なのは、その背後に中国とロシアがいるからである。日本が中国やロシアと深く手を結べば、嫌でも北朝鮮は日本と向き合う。その代わり、日本も北朝鮮を“悪者扱い”しすぎないことだ。単純な金正恩氏は、豹変したように日本を持ち上げだすことだろう。


最近の記事はこちら

町が地図上から消える炎

既に25万人が“避難生活”を強いられている。竜巻でもなく、豪雨でもなく、地震でもなく、津波でもなく、火山噴火でもない。とにかく、もう44人が亡くなったことだけはハッキリとしている。そして6500棟の住…続きを読む

UFOと北朝鮮の漂流船

「判読不明の数字が書かれていた」「なぜ北海道沿岸で多数が目撃されるか解からない」「誰も乗っていないことが多い」「漂着した遺体からは国籍も性別も解からない」このようにニュースの一部だけ書くと、何となく“…続きを読む

自身を観る「眼」を信じろ!

近年、海外で活躍している日本人は多い。特に芸術やスポーツの分野でそれが著しい。たまたま海外からのニュースの中で二人の人物が登場した。その一人は永久メイさん。まだ18歳の少女だが、中学1年で親元を離れて…続きを読む

「雪が降る」という“名曲”のごとく

北国の「雪」には、どこか“もの悲しい雰囲気”が漂っている。だから“冬”など無くなってしまうのが本当は良い。完全になくなってしまうのも少し寂しい気がするので、2週間くらいだけ“冬”がやって来て、足早に去…続きを読む

「あじさいの花」の“理想”と“現実”

「あじさいの花」という名称はとても良い。いかにも障害者に優しそうな印象を与えるからだ。けれども、そういう“優しい名称”や“可愛らしい名称”の企業は大体が長続きしない。今「企業」と書いたが正確に言えば企…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.