今日の迷言・余言・禁言

「中国&ロシア」と手を繋げば「北朝鮮」が寄って来る

紀元前の昔から“変わらない法則”というものがある。「国家」の繁栄が続くには、その周辺諸国から侵略される心配がなく、良好な距離感で交易が行われていることだ。そういう点では、日本を取り囲んでいる諸国、韓国、中国、北朝鮮、ロシア、台湾、そして遠いがアメリカという国々に日本は囲まれている。侵略という点で言うと、怖いのは「中国・ロシア・北朝鮮」の三国である。だから未来志向で言うならば、これらの国とは手を繋げるときに、手を繋いでおいた方が良い。もはや“アメリカさん”の守りなど、あまり期待しない方が良い。“アメリカさん”の守りが期待できない以上、一番、防衛で“安上り”なのは“危ないところ”と仲良くしておくことである。そして交易しておくことである。紀元前からの“歴史”は、そういうことを学ぶためにある。そして今、中国は日本に対して、手を差し出している。自分の方から手を差し出して来たのだ。数年前には考えられなかったことである。こういうチャンスを逃してはならない。今、中国は“アメリカさん”に嫌われたことで「やっぱり礼節をわきまえる日本人の方が良いや」と思い直したのだ。今や日本人は“欧米人”と“アジア人”とのハーフのような存在に仕上がっている。少なくとも中国人たちから見ると、そういう風に見えるのだ。ロシア人にとっても、その点では同様であろう。日本人はヨーロッパ人にはない“理解力”というものを持っている。主義とか思想とかを超えた“親切心”を持っている。「北方領土」さえ持ち出さなければ、もっと友好的になれるのに…。もちろん、日本人にとっては“譲れない部分”かもしれないが、その部分を凍結してでも“握手”しておいた方が良い。両国と仲良くすれば、黙っていても「北朝鮮」がすり寄って来る。北朝鮮がアメリカに対して強気なのは、その背後に中国とロシアがいるからである。日本が中国やロシアと深く手を結べば、嫌でも北朝鮮は日本と向き合う。その代わり、日本も北朝鮮を“悪者扱い”しすぎないことだ。単純な金正恩氏は、豹変したように日本を持ち上げだすことだろう。


最近の記事はこちら

習近平&トランプ「暴露本」で、勝つのはどっち⁉

アメリカと中国の貿易戦争が“休戦中”の今、にわかに注目され出したのが「習近平氏の暴露本が出る」という話題だ。もちろん、中国ではなくてアメリカで出る。元々は2015年に香港の銅羅湾書店というところから出…続きを読む

眼が“斜め型”女性の「危険なアルバイト」

一般的な日本人にとって「爬虫類」は“怖い生き物”、或いは“気味の悪い生き物”の印象が強い。私は爬虫類でなくても動物は苦手だが、そういう“生き物”を怖がらない人たちもいる。彼女の場合も、おそらくそうであ…続きを読む

男性社員たちの「奇妙な追悼」の違和感

ときどき私には「理解不能」としか言いようのない出来事が“芸能界”では起こる。例えば過日亡くなった芸能事務所社長・ジャニー喜多川氏に対して、その所属していたタレントたち、要するに男性社員たちなのだが、そ…続きを読む

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率…続きを読む

「アイドル」で“失ったもの”は、もう戻らない

「或る朝、眼が覚めると、僕は有名になっていた」とは詩人バイロンの言葉だが、似たような雰囲気で日本のアイドル達も誕生していく。それは或る意味で、夢見る少女たちにとって“シンデレラ物語”のように魅惑的であ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.