今日の迷言・余言・禁言

「乙武」氏と別れた妻子が“背負う十字架”

今年の春に“不倫報道”が週刊誌にすっぱ抜かれ、その後、別居していた乙武洋匡氏夫妻が正式に離婚した。乙武氏に関してはさまざまな報道が既に出ているので、それらにはあえて触れない。私が思うのは離婚された妻・仁美さんと三人の子供たちの今後についてである。仁美さんは、乙武氏との離婚について、子供たちにどう伝えたのだろうか。乙武氏は、自身の言葉として「今後も父親であることに変わりはなく」「責任をしっかり果たしていく」などと綴られている。おそらく、この文言からすると、養育費は払い続ける、時々逢わせてもらう、という条件で合意したのだろう。大学時代から一緒だった仁美さんは、あらゆる意味で“乙武氏を知り尽くしている”から、自分が“妻であった”ことに後悔はないだろう。そして未練もないだろう。或る意味、彼女は“大きな子供”を15年間、育てたのだ。そして“本当の子供たち”の方を向いた時、離婚を決断したに違いない。子供たちに対して、どう伝えたのかは知らないが、子供たちがどう受け止めたかは、年齢から考えても、それぞれが微妙に異なっているような気がする。但し、全員「五体不満足」の父親を持った十字架は背負わなければならない。いやでも背負わなければいけない。乙武氏自身は“障碍者との交流を嫌った”というが、子供たちはどうするのだろう。“健常者”を選ぶのだろうか。パラリンピックを見るだろうか。「乙武」という珍しい姓を名乗り続けるのだろうか。『五体不満足』を読むのだろうか。年老いた父親に“手を差し伸べる”だろうか。もし、今後、仁美さんに“ふさわしい男性”が出現したとき、子供たちはどう反応するのだろうか。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.