今日の迷言・余言・禁言

「乙武」氏と別れた妻子が“背負う十字架”

今年の春に“不倫報道”が週刊誌にすっぱ抜かれ、その後、別居していた乙武洋匡氏夫妻が正式に離婚した。乙武氏に関してはさまざまな報道が既に出ているので、それらにはあえて触れない。私が思うのは離婚された妻・仁美さんと三人の子供たちの今後についてである。仁美さんは、乙武氏との離婚について、子供たちにどう伝えたのだろうか。乙武氏は、自身の言葉として「今後も父親であることに変わりはなく」「責任をしっかり果たしていく」などと綴られている。おそらく、この文言からすると、養育費は払い続ける、時々逢わせてもらう、という条件で合意したのだろう。大学時代から一緒だった仁美さんは、あらゆる意味で“乙武氏を知り尽くしている”から、自分が“妻であった”ことに後悔はないだろう。そして未練もないだろう。或る意味、彼女は“大きな子供”を15年間、育てたのだ。そして“本当の子供たち”の方を向いた時、離婚を決断したに違いない。子供たちに対して、どう伝えたのかは知らないが、子供たちがどう受け止めたかは、年齢から考えても、それぞれが微妙に異なっているような気がする。但し、全員「五体不満足」の父親を持った十字架は背負わなければならない。いやでも背負わなければいけない。乙武氏自身は“障碍者との交流を嫌った”というが、子供たちはどうするのだろう。“健常者”を選ぶのだろうか。パラリンピックを見るだろうか。「乙武」という珍しい姓を名乗り続けるのだろうか。『五体不満足』を読むのだろうか。年老いた父親に“手を差し伸べる”だろうか。もし、今後、仁美さんに“ふさわしい男性”が出現したとき、子供たちはどう反応するのだろうか。


最近の記事はこちら

「インド占星術師」に転身の上祐史浩氏⁉

ちょっと驚かされるニュースが入ってきた。元オウム真理教徒で現在「ひかりの輪」を主宰している上祐史浩氏が“インド占星術師”に転身するというのだ。今回のセミナーで初めてそれを公言したらしい。元々上祐氏は古…続きを読む

「情報」や「比較」が倒産・廃業を増やす

あまり大きなニュースにはなっていないが、企業倒産の件数・負債総額とも過去最多ペースで増え続けている。おそらく今のままで進めば、今年の企業倒産は年間400件550億円に達するものと予想されている。この倒…続きを読む

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.