今日の迷言・余言・禁言

「乳房雲」「吊るし雲」「笠雲」が“雨を呼ぶ”

そういう雲があること自体、私は知らなかった。「乳房雲」という乳房に似た形の雲。「吊るし雲」という蛍光灯型の雲。「笠雲」という“股旅笠”に似た形の雲。それぞれの雲らしきものが画像などで紹介されているが、一番のお気に入りは「吊るし雲」で、この形をした一部の雲は、蛍光灯というよりも“UFO型”にしか見えない。「乳房雲」は残念ながら“乳房”というより、たわわな果実の連なりのようで、官能が刺激されることはない。これらが出現するのは、気象が変化する直前、その多くは豪雨や風雨が来る直前とされている。大抵の場合は青空に浮かぶので、パッと見は“へんてこりんな雲”くらいにしか思わない。けれども、その後、急速に天候が変化してきて大雨や強風へと変化するらしい。それにしても、こういう雲が存在していたこと自体、私は知らなかった。雲と言えば「積乱雲」とか「鱗雲」とか「地震雲」くらいしか、形としての印象はない。もしかすると、これらだけではなくて、もっといろいろな興味深い雲の形が存在しているのかもしれない。もう少し、こういう“雲の形”と天候との関係などを、子供の時に詳しく教えられていれば、後になって役立ちそうな気がする。いや、もしかすると、学校では教えているのか。教えられてはいても、忘れているだけなのか。少なくとも「地震雲」については、民間で言われているだけで気象庁が認めた“雲の形”ではない。けれども、亀裂が走ったように出現する「地震雲」は大地震の直前に各地で目撃されている。少なくとも、天気予報士の人達は気付いても良さそうな気がするのだが…。良く、魚師の人達などは沖合の雲を見て、翌日の天気が解かるという。そういう経験と勘とが生み出す予報というのは外れることがない。天気予報士というのは今では相当数いるのだから、魚師に負けるのでは心もとない。地震でも、雷でも、豪雨でも、強風でも、天気図さえ見ればたちどころに予見できる人物の一人や二人出て来ても良さそうなものである。出でよ、雲を見る天才⁉


最近の記事はこちら

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.