今日の迷言・余言・禁言

「予期せぬ災難」で絶望し、どう生き抜くか

人生に「不測の事態」はしばしば起こる。その時、どう対応するか、どう生き抜いていくか、それがその人の“真価”を決める。そんなことは、誰でも頭では解かっているが、実際には大変に難しい。滝川英治氏(38歳)は、従姉の滝川クリステル氏を精悍にした印象の美男俳優である。運動神経抜群で5年間ケインコスギ氏の対手役として「リポビタンD」のCMに出ていたこともある。また「最強スポーツ男子頂上決戦」で第3位となったこともある。その彼が昨年9月、ドラマ撮影中の自転車走行中に事故にあった。転倒し、全身を強打、首から下が動かなくなって、ドクターヘリで救急搬送、緊急手術を受けた。脊髄を損傷してしまったのだ。そう言えばプロレスラーの高山善廣氏も試合中のアクシデントで頸椎を完全損傷、首から下の感覚がないため、現在は電動車椅子を自らの頤で操作しているらしい。事故とか災難とか言うのは、体力とか運動神経とか全く関係がない。滝川氏は首から下が動かなくなって「999年分泣いた」そうだ。誰もがそうなるだろう。私など、2日前に急に体調が悪化し、猛烈に吐き気がして一日に何度も吐き、死ぬのではないか、と一瞬思った。熱が下がらないと危険だな…と思ったが、幸い熱も下がってきた。来客予定の方達には、こちらから連絡したが、私の悪い癖で、何度も来ていただいているのに名前や連絡先を憶えていない。改めて「健康」が一番だと思いなおした。私の場合には、2年ほど前から、妻が闘病中なので、私自身まで病で伏すわけにはゆかないのだ。私のことなど、どうでも良い。滝川氏は口を使ってパソコンを操作し、自らのブログを更新、五本指の感覚が戻りつつあるという。そして「奇跡は起きるのではなく、起こす!」と、自らを奮い立たせる。そう、これが重要なのだ。高山氏も、自らの頤を使って車椅子を動かし、自分の意志によって動けるようになったことを悦んでいる。人に襲い掛かって来る「予期せぬ災難」を避けることは大変に難しい。私など、自分の母親も父親も、その「死」を予感できたのに、どうすることも出来なかった。だから、それを防ごうと努力することも大切だが、そういう状況に襲われた時、どう対処するか、どう生き抜いていくか、そのことの方が何倍も大切なのだ。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.