今日の迷言・余言・禁言

「仏の顔も三度」だが、実際は…

昔なら“闇”に葬ることが出来た過去も、現代はなかなか難しい。「TOKIO」の山口達也が“強制わいせつ”により書類送検されていた事実が判明した。この事件が起きたのは2月だが、両者の間で“和解・示談”が成立していたはずであったのに、4月25日になって表面化した。最近、この手の事件が多い。確かに犯罪は良くないのだが、その一方で弁護士を仲介して“和解・示談”が成立したはずの出来事が、再び週刊誌などに売られる。それなら最初から“示談金”など受け取らなければ良い。ところが“示談金(一説には300万とも)”を受け取りながら、さらに週刊誌に売る。それなのに、そちらの方は、あくまで被害者で“正義”で“弱き者”のように報道される。もちろん、何度も言うが“強制わいせつ”は犯罪である。犯罪者を養護するつもりはない。けれども、その犯罪者に対して、徹底的に叩きのめし、“和解”にサインしておきながら、金を受け取りながら、別のところにも売って「被害者」を名乗るのは、そういう風に報道するのは何か公平性を欠いている。週刊誌に“売る”のが悪いと言っているのではない。“売る”なら、本人側から“金は受け取るな”と言いたいのだ。加害者側の山口達也は2,011年8月にも“無免許運転”という形で警察から摘発された。したがって、今回が二回目となる。酒癖が悪いと評判なので、もしかしたら、他にも何かやっているかもしれないが、とりあえず“警察事件”は二回目である。この“警察事件”に巻き込まれる人というのは、なぜか“繰り返しやすい”という特徴がある。事件内容は違っても、警察問題を引き起こす人というのは、どういうものか繰り返しやすいのだ。多くの人達は、生涯にわたって“警察事件”にも“刑務所”にも関与せずに生きていく。ところが、一度何かの問題で“警察事件”に巻き込まれると、二度、三度とお世話になるケースが多いのだ。だから山口達也も、その点を何よりも気を付けなければならない。「仏の顔も三度」と言う諺は、三回まで“許す”と言う諺ではなく、“三回目は許さない”と言う諺なのだ。


最近の記事はこちら

旧暦「七夕」は、やっぱり“手書き”

近年、中国は急速な勢いで“IT王国”に変わった。どこでもスマホ決済が当たり前になり、タクシーアプリを使うのが当然になりつつある。そんな中国で、意外に進んでいないのが“婚活事情”だ。もちろん、それは中国…続きを読む

心を癒すのは「ペットロボット」&「3Dキャラクター」

バーチャルシンガー「初音ミク」は一部で熱狂的人気を集める“2次元キャラクター”だが、その初音ミクと“結婚した”という30代の公務員が現れた。もちろん正式な「婚姻証明書」も所有している。IOTベンチャー…続きを読む

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査…続きを読む

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不…続きを読む

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.