今日の迷言・余言・禁言

「仏の顔も三度」だが、実際は…

昔なら“闇”に葬ることが出来た過去も、現代はなかなか難しい。「TOKIO」の山口達也が“強制わいせつ”により書類送検されていた事実が判明した。この事件が起きたのは2月だが、両者の間で“和解・示談”が成立していたはずであったのに、4月25日になって表面化した。最近、この手の事件が多い。確かに犯罪は良くないのだが、その一方で弁護士を仲介して“和解・示談”が成立したはずの出来事が、再び週刊誌などに売られる。それなら最初から“示談金”など受け取らなければ良い。ところが“示談金(一説には300万とも)”を受け取りながら、さらに週刊誌に売る。それなのに、そちらの方は、あくまで被害者で“正義”で“弱き者”のように報道される。もちろん、何度も言うが“強制わいせつ”は犯罪である。犯罪者を養護するつもりはない。けれども、その犯罪者に対して、徹底的に叩きのめし、“和解”にサインしておきながら、金を受け取りながら、別のところにも売って「被害者」を名乗るのは、そういう風に報道するのは何か公平性を欠いている。週刊誌に“売る”のが悪いと言っているのではない。“売る”なら、本人側から“金は受け取るな”と言いたいのだ。加害者側の山口達也は2,011年8月にも“無免許運転”という形で警察から摘発された。したがって、今回が二回目となる。酒癖が悪いと評判なので、もしかしたら、他にも何かやっているかもしれないが、とりあえず“警察事件”は二回目である。この“警察事件”に巻き込まれる人というのは、なぜか“繰り返しやすい”という特徴がある。事件内容は違っても、警察問題を引き起こす人というのは、どういうものか繰り返しやすいのだ。多くの人達は、生涯にわたって“警察事件”にも“刑務所”にも関与せずに生きていく。ところが、一度何かの問題で“警察事件”に巻き込まれると、二度、三度とお世話になるケースが多いのだ。だから山口達也も、その点を何よりも気を付けなければならない。「仏の顔も三度」と言う諺は、三回まで“許す”と言う諺ではなく、“三回目は許さない”と言う諺なのだ。


最近の記事はこちら

親は「一番の理解者」となれるか

自分の子供が途中から“思いがけない方向”に向かい出してしまうことがある。そんな時、親は、どう捉え、どう受け止め、どう見守ることが正しいのか。その一つの回答を二人の“親”が証明している。その一人は片岡鶴…続きを読む

地下に豪華な「五つ星ホテル」が誕生

最近はちょっとやそっとの“変わり種ホテル”では人々は驚かなくなった。それでも地上から地下15階まで“降りていくホテル”というのは、かなり珍しい。“地下のホテル”というと、窓が無く景観が失われた暗いイメ…続きを読む

柔軟な交渉能力こそ「平和」を作る力

人は誰も“争い”の中で暮らしたいとは思わない。それなのに世界のどこかで常に戦闘がある。争いごとの多くは互いの“主張”と“利害”に基づく。双方の主張がぶつかり、利害が交錯するから争いごとに発展する。どこ…続きを読む

町が地図上から消える炎

既に25万人が“避難生活”を強いられている。竜巻でもなく、豪雨でもなく、地震でもなく、津波でもなく、火山噴火でもない。とにかく、もう44人が亡くなったことだけはハッキリとしている。そして6500棟の住…続きを読む

UFOと北朝鮮の漂流船

「判読不明の数字が書かれていた」「なぜ北海道沿岸で多数が目撃されるか解からない」「誰も乗っていないことが多い」「漂着した遺体からは国籍も性別も解からない」このようにニュースの一部だけ書くと、何となく“…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.