今日の迷言・余言・禁言

「仏の顔も三度」だが、実際は…

昔なら“闇”に葬ることが出来た過去も、現代はなかなか難しい。「TOKIO」の山口達也が“強制わいせつ”により書類送検されていた事実が判明した。この事件が起きたのは2月だが、両者の間で“和解・示談”が成立していたはずであったのに、4月25日になって表面化した。最近、この手の事件が多い。確かに犯罪は良くないのだが、その一方で弁護士を仲介して“和解・示談”が成立したはずの出来事が、再び週刊誌などに売られる。それなら最初から“示談金”など受け取らなければ良い。ところが“示談金(一説には300万とも)”を受け取りながら、さらに週刊誌に売る。それなのに、そちらの方は、あくまで被害者で“正義”で“弱き者”のように報道される。もちろん、何度も言うが“強制わいせつ”は犯罪である。犯罪者を養護するつもりはない。けれども、その犯罪者に対して、徹底的に叩きのめし、“和解”にサインしておきながら、金を受け取りながら、別のところにも売って「被害者」を名乗るのは、そういう風に報道するのは何か公平性を欠いている。週刊誌に“売る”のが悪いと言っているのではない。“売る”なら、本人側から“金は受け取るな”と言いたいのだ。加害者側の山口達也は2,011年8月にも“無免許運転”という形で警察から摘発された。したがって、今回が二回目となる。酒癖が悪いと評判なので、もしかしたら、他にも何かやっているかもしれないが、とりあえず“警察事件”は二回目である。この“警察事件”に巻き込まれる人というのは、なぜか“繰り返しやすい”という特徴がある。事件内容は違っても、警察問題を引き起こす人というのは、どういうものか繰り返しやすいのだ。多くの人達は、生涯にわたって“警察事件”にも“刑務所”にも関与せずに生きていく。ところが、一度何かの問題で“警察事件”に巻き込まれると、二度、三度とお世話になるケースが多いのだ。だから山口達也も、その点を何よりも気を付けなければならない。「仏の顔も三度」と言う諺は、三回まで“許す”と言う諺ではなく、“三回目は許さない”と言う諺なのだ。


最近の記事はこちら

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

キラウエア山だけではない爆発的噴火!

われわれ日本人にとってのハワイは“オアフ島”の方が馴染み深いが「キラウエア火山」で有名な“ハワイ島”も忘れてはならない。そのハワイ島のキラウエア火山で今月3日に始まった噴火は徐々に勢いを増し、17日に…続きを読む

「健康」も「愛情」も買うことが出来ない

昨日、歌手・西城秀樹氏が亡くなられた。二度の脳梗塞で身体が不自由になり、言葉も思うように話せなくなって、“網膜症”等で両眼の手術も受けていたらしい。昔「新御三家」と呼ばれた郷ひろみ氏&野口五郎氏&西城…続きを読む

「松居一代騒動」の意味するもの

それはミステリードラマの始まりのようだった。「私は殺されるかもしれない」とユーチューブに登場し、マスコミはこぞってそれに飛び乗った。やがて、それは「松居一代劇場」と呼ばれるようになり、徐々に視聴者は興…続きを読む

しっくりくる「天文暦」や「干支暦」がない

時代に逆らうわけではないが、私は占いの鑑定をするとき、手書きのホロスコープや四柱命式を使って行っている。今から二十数年前、占いソフトの会社から依頼されて西洋占星術などのソフトを共同制作した。その時、一…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.