今日の迷言・余言・禁言

「仮の住まい」が「本当の住まい」になる時

人間の運命には、時として“計算できないこと”が起こる。2011年3が11日に起きた“東日本大震災”もそうだった。多数の人達が、その犠牲となり、多くの住居が一瞬にして失われた。“茫然自失”という言葉があるが、テレビで見ていた私たちでさえそうだったのだから、震災によって家族を失い、住居を失った人たちの心の中は、未だ“茫然自失”の日々が続いているのかもしれない。けれども、われわれはどんなときにも生きていかなければいけない。突然、住居を失っても、それが天災の場合には、その理不尽さをどこにも訴えようがない。黙って“仮設住宅”に入るか、親戚、知人の住宅に身を寄せるかしかないのだ。そういう時、われわれは初めて「運命」というものの存在を実感する。嫌でも認めざるを得ないのだ。そして一時的に“仮の住まい”に入って当面を過ごす。ところが、最初は“仮の住まい”として入ったはずの住居から、なかなか抜け出せなくなる時がある。自分の中では、あくまでも“とりあえず”と思って入ったのに、そこから身動きが出来ない状況が続くことがある。実は、運命とは不思議で、長い人生の中では、多くの人が“そういう一時期”を体験している。もちろん、それが4~5日で終わることもあれば、1か月以上続くこともある。1年以上に及ぶこともあれば、十数年にわたって続くこともある。“仮の住まい”だったはずのところが、いつの間にか“本当の住まい”でもあるかのように続いてしまうのだ。実際、大震災から6年たって、全国に散らばった避難者たちのうち、その後も“避難生活”を続けている人たちが12万人以上もいる。その内、仮設住宅に入ったままの人達だけでも3万4000人だ。もちろん、仮設住宅というのは本当の住宅とは違って、住宅としての設備が不十分であり、東北地方の寒さに耐えられるつくりではない。世界には信じられないほど多数の“難民たち”もいる。「本当の住まい」は、そう考えなおすとそのことごとくが“立派な住まい”に変貌する。


最近の記事はこちら

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

「死後」も“お騒がせ”しております⁉

よく“生前”いろいろとトラブルを起こしていた人物が亡くなった時「これでようやく穏やかな日常が過ごせるね」等と親戚たちが話しているのを耳にする。ところが、世の中には“死んでから”もトラブルを起こし続ける…続きを読む

カラダの“空洞”とココロの“空洞”

TV番組やインターネット配信は、時に予期せぬ形で“人気者”を生み出したり、“巨富”を与えたりする。TV「あいのり」に2007年より素人参加した「桃」もそういう女性の一人だった。素人参加者たちが8か国を…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.