今日の迷言・余言・禁言

「仮の住まい」が「本当の住まい」になる時

人間の運命には、時として“計算できないこと”が起こる。2011年3が11日に起きた“東日本大震災”もそうだった。多数の人達が、その犠牲となり、多くの住居が一瞬にして失われた。“茫然自失”という言葉があるが、テレビで見ていた私たちでさえそうだったのだから、震災によって家族を失い、住居を失った人たちの心の中は、未だ“茫然自失”の日々が続いているのかもしれない。けれども、われわれはどんなときにも生きていかなければいけない。突然、住居を失っても、それが天災の場合には、その理不尽さをどこにも訴えようがない。黙って“仮設住宅”に入るか、親戚、知人の住宅に身を寄せるかしかないのだ。そういう時、われわれは初めて「運命」というものの存在を実感する。嫌でも認めざるを得ないのだ。そして一時的に“仮の住まい”に入って当面を過ごす。ところが、最初は“仮の住まい”として入ったはずの住居から、なかなか抜け出せなくなる時がある。自分の中では、あくまでも“とりあえず”と思って入ったのに、そこから身動きが出来ない状況が続くことがある。実は、運命とは不思議で、長い人生の中では、多くの人が“そういう一時期”を体験している。もちろん、それが4~5日で終わることもあれば、1か月以上続くこともある。1年以上に及ぶこともあれば、十数年にわたって続くこともある。“仮の住まい”だったはずのところが、いつの間にか“本当の住まい”でもあるかのように続いてしまうのだ。実際、大震災から6年たって、全国に散らばった避難者たちのうち、その後も“避難生活”を続けている人たちが12万人以上もいる。その内、仮設住宅に入ったままの人達だけでも3万4000人だ。もちろん、仮設住宅というのは本当の住宅とは違って、住宅としての設備が不十分であり、東北地方の寒さに耐えられるつくりではない。世界には信じられないほど多数の“難民たち”もいる。「本当の住まい」は、そう考えなおすとそのことごとくが“立派な住まい”に変貌する。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.