今日の迷言・余言・禁言

「仮想通貨」が泣いている

滋賀県の山中から“行方不明となっていた女性”の遺体が発見された。飲食店のパートをしながら、投資関連のセミナーなども行っていた野田みゆきさん(53歳)の遺体だった。どうして山中に埋められているのが判ったのかというと、容疑者がダム湖近くに埋めたことを自白したからである。建設用の重機を使って、遺体を地中深くに埋めたもので、当然、重機を使える者の犯行ということになる。既に逮捕されていた土木作業員・西田市也容疑者(20歳)にはその可能性があった。被害者と容疑者を繋ぐ糸は「仮想通貨」に関心を持っていたという点にある。実際、被害者女性が“行方不明”となった日にも、大垣市で“投資セミナー”が行われていた。もっとも内容的には、仮想通貨のセミナーというより“ネットワークビジネス”のセミナーといった方が正しいのだが、“仮想通貨”として行う方が人が集まり、今風でもあるので“そういう形”で行われていたのだった。とにかく、その帰り掛け個人的に「ビットコインのことで話がある」という西田容疑者からの依頼に、野田みゆきさんは気軽に応じていた。この時点で、西田容疑者が殺意を抱いていたのかどうかはわからない。けれども、何らかの形で“復讐心”を抱いていたことは間違いがない。そんな西田容疑者を、野田さんは少し軽んじていた。53歳で夜の世界など渡り歩いていた野田さんにしてみれば、土木作業員で仮想通貨に興味を持つ若者をあしらうことなど手慣れていたからだ。おそらく、そろそろ何かを言って来るだろう…と予感する部分もあった。案の定、若者は「約束が違う」と彼女に迫り、彼女はせせら笑いながら「あなたが勝手にそう思っただけでしょ」と突っぱねた。若者は逆上した。ここで一言謝れば展開は違っていたかもしれない。彼女は謝らなかった。この数時間後、彼女は山中に埋められていたのだ。しかし、若者は致命的なミスを犯した。彼女のバッグやスマホなどを自宅に隠したことである。万一、死体が掘り起こされても、身元を特定するものがなければ、犯行が闇に消えると…。けれども、それは逆だった。行方不明の届けが出されて、駅前の防犯カメラの映像や目撃証言から、西田容疑者の車に乗り込む野田さんの姿が最後となった。彼の自宅から野田さんのバッグやスマホが発見され逮捕状請求となった。「仮想通貨」や「ネットワークビジネス」そのものが悪いわけではない。けれども、さまざまな“悲劇”や“事件”を引き起こしているのは間違いがない。

 

 


最近の記事はこちら

トランプ・ゲームはもう“終わった”か!

今年の1月20日って“何の日”だったか覚えていますか? そりゃもう覚えてなんかいませんよね。実はトランプさんの大統領就任式の日だったのですよ。でもね。もしかしたら、彼の“雄姿?”って、あの日が見納めだ…続きを読む

「血は水よりも濃い」という選択

自分の母親を自宅で介護する…よくありがちな光景で、特別、注目すべきことでもないのだが、それが女優・杉田かおるさんということになると…ホントなの? と念を押したくなる。それくらい昔の「杉田かおる」は問題…続きを読む

90代女性が300人働いている企業

私など“80代”でもすごいと思うのだが、その80代では2600人が働いているという。そして“90代”で300人が働く。しかも全員が女性達である。神谷知子執行役員によれば、その80代から90代の“仕事人…続きを読む

81歳「心中」“見せかけ殺人”なのか?

昨日まで入院していた81歳の女性が、退院と同時に“元夫の殺人容疑”で逮捕された。馬場妙子容疑者だった。けれども彼女は「心中しようとしたのだ」と言って殺人を否定している。今月16日午前4時ごろ、博多港か…続きを読む

「慰安婦はアイドル」の訪日韓国人たち

韓国にも良識のある人はいる。その一人は世宗大教授の朴裕河(パク・ユハ)氏だ。彼は『帝国の慰安婦』を出版、その内容が慰安婦の方々の名誉を傷つけるとして起訴されたが、今年1月無罪となった。その朴氏だが、こ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.