今日の迷言・余言・禁言

「仮想通貨」が泣いている

滋賀県の山中から“行方不明となっていた女性”の遺体が発見された。飲食店のパートをしながら、投資関連のセミナーなども行っていた野田みゆきさん(53歳)の遺体だった。どうして山中に埋められているのが判ったのかというと、容疑者がダム湖近くに埋めたことを自白したからである。建設用の重機を使って、遺体を地中深くに埋めたもので、当然、重機を使える者の犯行ということになる。既に逮捕されていた土木作業員・西田市也容疑者(20歳)にはその可能性があった。被害者と容疑者を繋ぐ糸は「仮想通貨」に関心を持っていたという点にある。実際、被害者女性が“行方不明”となった日にも、大垣市で“投資セミナー”が行われていた。もっとも内容的には、仮想通貨のセミナーというより“ネットワークビジネス”のセミナーといった方が正しいのだが、“仮想通貨”として行う方が人が集まり、今風でもあるので“そういう形”で行われていたのだった。とにかく、その帰り掛け個人的に「ビットコインのことで話がある」という西田容疑者からの依頼に、野田みゆきさんは気軽に応じていた。この時点で、西田容疑者が殺意を抱いていたのかどうかはわからない。けれども、何らかの形で“復讐心”を抱いていたことは間違いがない。そんな西田容疑者を、野田さんは少し軽んじていた。53歳で夜の世界など渡り歩いていた野田さんにしてみれば、土木作業員で仮想通貨に興味を持つ若者をあしらうことなど手慣れていたからだ。おそらく、そろそろ何かを言って来るだろう…と予感する部分もあった。案の定、若者は「約束が違う」と彼女に迫り、彼女はせせら笑いながら「あなたが勝手にそう思っただけでしょ」と突っぱねた。若者は逆上した。ここで一言謝れば展開は違っていたかもしれない。彼女は謝らなかった。この数時間後、彼女は山中に埋められていたのだ。しかし、若者は致命的なミスを犯した。彼女のバッグやスマホなどを自宅に隠したことである。万一、死体が掘り起こされても、身元を特定するものがなければ、犯行が闇に消えると…。けれども、それは逆だった。行方不明の届けが出されて、駅前の防犯カメラの映像や目撃証言から、西田容疑者の車に乗り込む野田さんの姿が最後となった。彼の自宅から野田さんのバッグやスマホが発見され逮捕状請求となった。「仮想通貨」や「ネットワークビジネス」そのものが悪いわけではない。けれども、さまざまな“悲劇”や“事件”を引き起こしているのは間違いがない。

 

 


最近の記事はこちら

毎年1000名以上が「凍死」している

今年は全国的に“寒い冬”だと言われる。確かに寒い。だが日本では、まだ「凍死」するほどの寒さではないだろう。誰もが、そう思う。ところが、そうではないのだ。実際に“凍死している”人達が沢山いるのだ。それは…続きを読む

札幌市が“二つの問題”で揺れている

昔と違って、行政が頭ごなしに“物事を決めていける”時代ではなくなった。ましてや周辺環境の整備問題や、莫大な税金が投じられる問題の場合には、なおのことである。札幌市の場合、今年は“二つの問題”で、揺れに…続きを読む

「AIロボット」が出勤してくる毎日

みずほフィナンシャルグループが2026年までに従業員19000名の削減を打ち出し注目を集めている。どうして、そんなにいらなくなるのかというと、人間の代わりに“AIロボット”が出社してくるからだ。まあ事…続きを読む

狂気の「ガンマン」が“銃自慢”する国

またしても、それは起こった。アメリカフロリダ州で起こった銃による“乱射事件”。舞台は3000名のマンモス高校だ。その日、校内で“消火訓練を行う”ことは事前に知られていた。予定よりは早かったが、発煙筒が…続きを読む

今日まで「前年」という“中華圏の暦”

明日2月16日から中華圏の「春節」が始まる。つまりは「正月」の開始で、中華圏では「農暦」と呼ばれることが多い民間暦による“一年の開始”である。ここでいう中華圏とは、中国本土はもちろん、香港、台湾、マカ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.