今日の迷言・余言・禁言

「仮想通貨」より「自動運転車」の出現が急務だ

コインチェックによる「ネム流出事件」から一ヶ月が経ったが、未だ返金作業は開始されていない。変動激しい仮想通貨を扱って来たコインチェックだが、返金作業は速やかには行われていない。一部では“未来の通貨”として期待される“仮想通貨”だが、どうもこのところの旗色は良くない。問題続出である。それでも続々と新規参入が噂されるのは、やはり時代を動かす可能性が残されているからだろうか。ただ一般の方達にとって、もっと早く実現してほしいのは“自動運転車”の方だ。75歳以上のドライバーの内、約4万人以上が「認知症」の可能性があるというショッキングな報告がなされた。それでもお年寄り達は郊外に暮らしている場合も多く、簡単には車を手放せない現実もある。つまり、お年寄りによる事故が頻発するのは或る意味で仕方がないのだ。そうは言っても“認知症ドライバー”は、これからますます増えていくのが解かっているのだから、早急に手を打たなければいけない。それに一番貢献しそうなのが“自動運転車”だ。これさえあれば、いくら認知症気味であっても大丈夫。事故を起こす心配がない。国が少し援助してでも“自動運転車”を普及させるべきである。環境に優しい“電気自動車”の普及も大切かもしれないが、やはり事故を減らす決め手となる“自動運転車”の普及の方が、高齢化社会にとっては実際に役立つ気がする。高齢者だけではない。障碍者とか児童とかにとっても“頼りになる存在”となっていく可能性もある。介護の現場におけるロボットと共に、これからは人間の生活を“便利にする”ということも重要だが、人間の生活を“支えてくれる”役割としてのロボットやAIであって欲しい。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.