今日の迷言・余言・禁言

「仮想通貨」並みに増えていく「世界遺産」

現在「世界遺産」と呼ばれるものがいくつあるか知っているだろうか。何んと1000件を超えているのだ。したがって、どんなに“遺産巡り”が好きな人であっても全部はまわれない。しかも、その数は「仮想通貨」並みに増えていく。ちなみに「仮想通貨」と呼ばれるものも現在は1000種類を超えている。そのどちらもが、徐々に増えていく。増えていくとどうなるのかというと、その価値が薄れる。例えば「世界遺産」の本を出そうとする。そうすると1冊で全てを紹介するのは難しい。「仮想通貨」も同様で、全てを紹介したような本は発売されていない。この、どちらもが半ば強引に“増やしている感”が否めない。昨日、世界遺産センターは日本から登録要請されていた「潜伏キリシタン関連遺産」を登録する予定であると日本政府に報告した。これで新たな“観光スポット”が、また一つ誕生したことになる。ただ、それによってやってくる観光客たちを「潜伏キリシタン」の地であった長崎、島原、天草の“眠れる墓標の人々”は歓迎するのだろうか。日本の“カクレキリシタン”の信仰は一種独特である。決して、一般のキリスト教徒ではない。その証拠に黒崎には「枯松神社」と呼ぶ“聖ヨハネ”を祀った奇妙な神社まである。長崎には聖母マリアの姿をした墓標も多く残されている。“カクレキリシタン”は、現在でも細々と継承されているが、未だに“表立っての活動”はしないし、キリスト教徒と同一視されることを嫌う。あくまでも「隠れ」キリシタンなのだ。しかも、彼らは「キリスト」を信じたのではない。ここは多くの人が誤解しているが、彼らは「マリア観音」信仰なのである。常に“虐げられ”続けてきた彼らは、どんな“罪”でも許してくれる“母なるマリア”を信じたのだ。厳密に言えば、宣教師によって教えられた信仰形態ではない。見つからないように仏教の「慈母観音像」を“マリア像”に見立てた。中には石仏の背面に“十字形”を刻んだ「背面十字地蔵」と呼ぶものまである。まあ、私もロザリオを身に付けたり、仏壇に向かって読経したり、神棚に祝詞を報じたりするので、ちょっと似ているかも…。


最近の記事はこちら

「豊かさ」が産んだ「いびつな思想」

日本人に比べて、欧米人の考え方は良くも悪くも“極端”な場合が多い。今回、或る写真に対して二つの考え方が“ガチンコ対決”しているのだが、正直、私はそのどちらにも賛同しかねるのだ。SNS上で論議の的となっ…続きを読む

「ガイロク」は“人生とは何か”を教えてくれる

人には誰でも「人生最大のピンチ」と言えるような時期がある。それを街角インタビューの中から“抜粋していく”のが、あまり目立たないTV番組「ガイロク(街録)」だ。近年は、普通の人達に街角でインタビューする…続きを読む

技術・研究者なら飛躍できる水星&土星《0度》の危険

誰でも疲れている時とか、あまりにも神経過敏となっている時に「幻影」を見るとか「幻聴」を聴くとかすることは稀にある。けれども、それが日常生活となったら、もはやそれは“病気”一歩手前か、本格的な“心霊現象…続きを読む

「007」が“黒人女優”に変わる時代

映画「007」シリーズと言えば、私が「男はつらいよ」と同じくらい十代の頃から好んで見た映画だ。それにしても長い、もう「寅さん」は終わったというのに「007」の方は主人公ジェームズボンド役をさまざまな男…続きを読む

なぜ今頃「人肉事件」の映画なのか

「おいしそうだったから食べたかった」という言葉はよく聞く。けれども、それが「人肉」に向けられたものだったとしたら、思わず絶句する。それが通常の感覚だろう。けれども、世の中には“そうではない人達”がいる…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.