今日の迷言・余言・禁言

「仮面」を剥がしたくなる「占い師」

正月用のTV番組を見ていて、私には釈然としないことが一つあった。深夜番組でもないのに、TVに“仮面をつけて”出ている占い師の居たことだ。なぜプロレスラーでもないのに仮面をつけているのか。そんなに顔を晒したくないなら、最初からTVになどでなければ良い。しかも、ごく“普通の主婦っぽい顔立ち”をしているから、なおのこと違和感がある。もう少し“ヤバい系”とか“濃いメリハリ系”の顔立ちなら、まだ“違和感”は薄れるのだが…。どうしてTV局というのは、こんな“小学校の学芸会もどき”のことをしたがるのだろう。勘違いされたくないので、一応言っておくが、私はTVに出たいからこんなことを言っているのではない。私はTVを見る時に、あくまで一視聴者として観る。占い師の側に立ってみるようなことはない。だから、むしろ“制作サイドの側”に立った時に、異論が出ないことが不思議で仕方がないのだ。もう一つ、誤解されるのも嫌なので、その仮面占い師というのは水晶玉子氏のことである。この人、元々顔の横幅が広い。だから仮面は似合わない。もし顔を出すのが嫌なら、最初から頭巾をかぶれば良かったのだ。ところが最初は“背面写し”でTVに出ていた。そこまでして顔を出したくないものを何故TV局は引っ張り出すのか。大体、この人が引っ張り出されたのは、同じく“仮面をつけている”ゲッターズ飯田氏が「尊敬している」と吹聴したからなのだが、大体、このゲッターズという人物自体が“吉本興業の回し者”で、吉本が束になって宣伝しているだけの人物でしかない。何度も言うが、私は自分がTVに出たいからこういうことを言うと思われるのが嫌なので、言うことを控えて来たのだが、もしTV局が“タレント的占い師”を望むのであれば、最初から完全に“タレント占い師”として養成すれば良い。昔は「銀座ジプシー」という文字通り“頭巾型占い師”が居た。それはそれで興味深かったものだ。蛇神様からのお告げを告げる“へんてこ占い師”もいた。かえって、そういう風に最初から“エセ占い師”として登場させた方が違和感を持たずに済む。中途半端な“当たる占い師”などとしてTVに出すのだけはスッキリしないので止めた方が良い。


最近の記事はこちら

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.