今日の迷言・余言・禁言

「偉大なる祖父」と「仮想通貨サギの孫⁉」

「大山倍達」と言えば“極真空手創始者”として格闘技好きなら誰もが知っている。伝説の「クマと闘った男」だ。世界的に“極真空手”を広めたことでも有名で、その門下生は4000名とも5000名とも言われる。その一方で、創始者亡き後の「極真会館」にはトラブルも多い。その後継者が誰なのか、本当のところよくわからない。一つだけ確実に言えるのは「孫」である大山照羅は“偉大なる祖父”の名を冠した“仮想通貨ビジネス”の代表となっているのだが、極めて妖しい人物だということだ。今年1月“覚せい剤”使用容疑でで有罪判決を受けた。さらに2月には“大麻所持”で現行犯逮捕された。偉大なる“祖父”や“父”を直系に持つ人物が、その威光を背負いながら破滅していく例は多いが、彼もまたその典型のようである。何しろ14歳から覚せい剤を使用していたというのだ。人は誰でも、その“家系・血縁”を択ぶことは出来ない。私のように父方先祖が“貧農の家系”で、母方先祖が“大名の家系”というのも珍しいが、どちらの「血」が濃いのか、私にはわからない。ただ忍耐強さは父方から身につけ、或る種の気品は母方から身につけたと勝手に思っている。そういう風に“都合良く”思えば、家系や血縁に押しつぶされることもない。おそらく「孫」の大山照羅は、そういう“かわし方”を知らなかったのだ。だから「大山倍達」に押しつぶされてしまった。それで少年時代から「薬」へと逃げたのだ。それにしても、14歳から覚せい剤に逃げる…というのはあまりにも脆い。大山倍達の孫で在る無しに関わらず、あまりにも愚かだ。そして弱すぎる。自分だけが“破滅していく”なら、それも仕方がないのだが、仕方がないですまないこともある。彼は祖父の名を冠した「仮想通貨」のビジネスをしているのだ。ところが未だその実態がない。投資者・購入者は募ったのだが、その資金は遊興費に消えたという説がもっぱらである。つまり「仮想通貨サギ」を行った可能性が強いのだ。やがて訴訟問題が起こって、その方でも祖父に“大きな汚点”を与えるに違いない。


最近の記事はこちら

不気味な「予言論文」が示唆する「次のコロナ」

都市伝説的に過去の時代「既にそれは予言されていた」という出来事がしばしば存在する。そういう可能性を秘めている“不気味な医学論文”が存在する。それは医学の専門誌で2008年に発表された8人の連名研究者に…続きを読む

「才能発揮」には忍耐強さも必要

昨日、毎年行われる「プロ野球ドラフト会議」が行われた。新人選手に対する“スカウト交渉権”を得るための場だが、今年の場合さまざまな面でいつもとは異なり、異色のドラフト会議になった。私が何よりも感じたのは…続きを読む

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.