今日の迷言・余言・禁言

「偉大なる祖父」と「仮想通貨サギの孫⁉」

「大山倍達」と言えば“極真空手創始者”として格闘技好きなら誰もが知っている。伝説の「クマと闘った男」だ。世界的に“極真空手”を広めたことでも有名で、その門下生は4000名とも5000名とも言われる。その一方で、創始者亡き後の「極真会館」にはトラブルも多い。その後継者が誰なのか、本当のところよくわからない。一つだけ確実に言えるのは「孫」である大山照羅は“偉大なる祖父”の名を冠した“仮想通貨ビジネス”の代表となっているのだが、極めて妖しい人物だということだ。今年1月“覚せい剤”使用容疑でで有罪判決を受けた。さらに2月には“大麻所持”で現行犯逮捕された。偉大なる“祖父”や“父”を直系に持つ人物が、その威光を背負いながら破滅していく例は多いが、彼もまたその典型のようである。何しろ14歳から覚せい剤を使用していたというのだ。人は誰でも、その“家系・血縁”を択ぶことは出来ない。私のように父方先祖が“貧農の家系”で、母方先祖が“大名の家系”というのも珍しいが、どちらの「血」が濃いのか、私にはわからない。ただ忍耐強さは父方から身につけ、或る種の気品は母方から身につけたと勝手に思っている。そういう風に“都合良く”思えば、家系や血縁に押しつぶされることもない。おそらく「孫」の大山照羅は、そういう“かわし方”を知らなかったのだ。だから「大山倍達」に押しつぶされてしまった。それで少年時代から「薬」へと逃げたのだ。それにしても、14歳から覚せい剤に逃げる…というのはあまりにも脆い。大山倍達の孫で在る無しに関わらず、あまりにも愚かだ。そして弱すぎる。自分だけが“破滅していく”なら、それも仕方がないのだが、仕方がないですまないこともある。彼は祖父の名を冠した「仮想通貨」のビジネスをしているのだ。ところが未だその実態がない。投資者・購入者は募ったのだが、その資金は遊興費に消えたという説がもっぱらである。つまり「仮想通貨サギ」を行った可能性が強いのだ。やがて訴訟問題が起こって、その方でも祖父に“大きな汚点”を与えるに違いない。


最近の記事はこちら

「黄金風呂」で“身”も“心”も金色に⁉

「金」というものは、あるところにはあるものだ。例えばスーダンの前大統領宅、家宅捜索が入って調べたところ日本円で126億もの現金が眠っていたそうだ。スーダンってそんなに豊かな国でしたっけ? まあ、他人の…続きを読む

「幸運の女神」は“めげない人”に微笑む

一度の挫折や失敗で「自分は不運だ」と勘違いする人が多い。二度目の失敗で「もうダメだ」と自暴自棄になってしまう人も多い。その一方、何度失敗しても、不幸な出来事にあっても、徹底的に打ちのめされても、そこか…続きを読む

全盲でも「太平洋」をヨットで渡れる

今から6年前、冒険旅行に旅立ったはずのキャスター辛坊治郎氏は太平洋上でヨットが動かなくなって漂流し、自衛隊に救助されて終るという“お粗末な出来事”があった。私はニュース映像で何となく見ただけで、事件の…続きを読む

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.