今日の迷言・余言・禁言

「健康」も「愛情」も買うことが出来ない

昨日、歌手・西城秀樹氏が亡くなられた。二度の脳梗塞で身体が不自由になり、言葉も思うように話せなくなって、“網膜症”等で両眼の手術も受けていたらしい。昔「新御三家」と呼ばれた郷ひろみ氏&野口五郎氏&西城秀樹氏のうち、西城氏だけが“病魔”と闘わなければならなくなった。健康というのは普段、健康でいると、そのありがたみがなかなかわからない。けれどもひとたび重い病気になって、本来の“身体”ではなくなると、痛切にそのありがたみを感じるものだ。それと同時に“肉体”は思うようにならないが、精神面や頭脳そのものは変わらない場合が多いため、苛立ちや、焦りや、不安が襲って来る。私の妻も闘病中だが、どうすることもできない苛立ちや焦り、将来への不安が感じられる。先の見える“怪我”や“治る病気”なら良いのだが、先行きが見えない“病気”はどうすることもできない。「運命」の中でも“健康”と“愛情”だけは、どんなにお金があっても、才能があっても、崩壊する時は崩壊してしまうもので、どうすることも出来ない。よく「お金があれば何でも買える」等という人がいるが、健康と愛情は買うことが出来ない。特に健康の場合、昨日まではすこぶる元気だった人が、今日になると急激に弱っていたりする。巷にはいろいろな健康法とか、医薬療法があるが、残念ながら万能薬はない。日進月歩で医療は進歩しているように思っても、まだまだ治療法の分からない病気、治せない病気は多い。「病気」に関しては、占いで或る程度まで予見できる部分もあるが、それを防ぐ手立てとなると、正直、その範疇ではない。「愛情」も、お金でどうにかできるようなものではなく、その点では共通している。科学が進歩し、時代が変わっても、根本的な暮らしというのは基本的に変わらない。ITやAIなどの先端技術は、人間の生活に役立って入るが、健康運&寿命などの“運命としての仕組み”、また愛情運&結婚などの“運命としての仕組み”を本当に解き明かした人はいない。こういう研究は単独で出来るものではなく、精鋭された運命の研究者、医学研究者、心理学者など一丸となって取り組むべきものである。今のところ、私に賛同してくれる研究者が見当たらないので、とりあえずは“そのほんの入り口”だけでも発見して後世の研究者に手渡したい。


最近の記事はこちら

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査…続きを読む

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不…続きを読む

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は…続きを読む

“アナリスト予想”が一致する時は要注意⁉

ケンカ好きなトランプ大統領が今、相手をしているのはトルコのエルドアン大統領だ。それにしてもトランプ大統領は常に誰かとやり合っていないと気が済まないらしい。そのたび市場は混乱し、通貨や株価が変動し、大迷…続きを読む

「正直」「公正」が通用しない人達と…

事実上、自民党の総裁選がスタートしているが、今一つ盛り上がらない。もう大勢が判明していることもあるが、現首相への対抗馬が石破氏ただ一人でちょっと寂しいこともある。野田聖子氏も未だ“出馬への意欲”は捨て…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.