今日の迷言・余言・禁言

「健康」も「愛情」も買うことが出来ない

昨日、歌手・西城秀樹氏が亡くなられた。二度の脳梗塞で身体が不自由になり、言葉も思うように話せなくなって、“網膜症”等で両眼の手術も受けていたらしい。昔「新御三家」と呼ばれた郷ひろみ氏&野口五郎氏&西城秀樹氏のうち、西城氏だけが“病魔”と闘わなければならなくなった。健康というのは普段、健康でいると、そのありがたみがなかなかわからない。けれどもひとたび重い病気になって、本来の“身体”ではなくなると、痛切にそのありがたみを感じるものだ。それと同時に“肉体”は思うようにならないが、精神面や頭脳そのものは変わらない場合が多いため、苛立ちや、焦りや、不安が襲って来る。私の妻も闘病中だが、どうすることもできない苛立ちや焦り、将来への不安が感じられる。先の見える“怪我”や“治る病気”なら良いのだが、先行きが見えない“病気”はどうすることもできない。「運命」の中でも“健康”と“愛情”だけは、どんなにお金があっても、才能があっても、崩壊する時は崩壊してしまうもので、どうすることも出来ない。よく「お金があれば何でも買える」等という人がいるが、健康と愛情は買うことが出来ない。特に健康の場合、昨日まではすこぶる元気だった人が、今日になると急激に弱っていたりする。巷にはいろいろな健康法とか、医薬療法があるが、残念ながら万能薬はない。日進月歩で医療は進歩しているように思っても、まだまだ治療法の分からない病気、治せない病気は多い。「病気」に関しては、占いで或る程度まで予見できる部分もあるが、それを防ぐ手立てとなると、正直、その範疇ではない。「愛情」も、お金でどうにかできるようなものではなく、その点では共通している。科学が進歩し、時代が変わっても、根本的な暮らしというのは基本的に変わらない。ITやAIなどの先端技術は、人間の生活に役立って入るが、健康運&寿命などの“運命としての仕組み”、また愛情運&結婚などの“運命としての仕組み”を本当に解き明かした人はいない。こういう研究は単独で出来るものではなく、精鋭された運命の研究者、医学研究者、心理学者など一丸となって取り組むべきものである。今のところ、私に賛同してくれる研究者が見当たらないので、とりあえずは“そのほんの入り口”だけでも発見して後世の研究者に手渡したい。


最近の記事はこちら

UFOと北朝鮮の漂流船

「判読不明の数字が書かれていた」「なぜ北海道沿岸で多数が目撃されるか解からない」「誰も乗っていないことが多い」「漂着した遺体からは国籍も性別も解からない」このようにニュースの一部だけ書くと、何となく“…続きを読む

自身を観る「眼」を信じろ!

近年、海外で活躍している日本人は多い。特に芸術やスポーツの分野でそれが著しい。たまたま海外からのニュースの中で二人の人物が登場した。その一人は永久メイさん。まだ18歳の少女だが、中学1年で親元を離れて…続きを読む

「雪が降る」という“名曲”のごとく

北国の「雪」には、どこか“もの悲しい雰囲気”が漂っている。だから“冬”など無くなってしまうのが本当は良い。完全になくなってしまうのも少し寂しい気がするので、2週間くらいだけ“冬”がやって来て、足早に去…続きを読む

「あじさいの花」の“理想”と“現実”

「あじさいの花」という名称はとても良い。いかにも障害者に優しそうな印象を与えるからだ。けれども、そういう“優しい名称”や“可愛らしい名称”の企業は大体が長続きしない。今「企業」と書いたが正確に言えば企…続きを読む

「議員秘書」と「強盗」は兼業できる⁉

「二之湯智」→「山東昭子」→「佐藤ゆかり」それぞれの国会議員秘書を十年以上にわたって務めていた。それなりの能力が無ければ務まらない職務である。その一方で、密かに“強盗致傷”を繰り返していた。それが昨日…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.