今日の迷言・余言・禁言

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だったが、北海道だけでそんなにいるのかと思うと「少子高齢化」の“怖さ”の方を強く感じる。ただ、そんなにいるのに男性は501人だけなのだそうだ。つまり3000人以上は女性なのだ。う~ん、これはどういうことなのか。高齢になると女性の方が心身とも逞しくなるからなのか。そういえば、デパートなどに行っても、女性と男性の比率は明らかに違っていて、圧倒的に女性の数が多い。しかも、女性の方が健康そうである。私は思うのだが“独り暮らし”になった時、女性は、通常の生活を続けられるが、男性はなかなか“これまで通り”の生活は続けにくい。それに、男性の方が“精神的に弱い”のではないか。特に、会社組織の中で長年働いて来て、定年などで急に仕事から解放され“役目を終えた”意識が強い男性ほど、空虚感が強いような気が私にはする。それに加えて“妻”まで亡くなってしまうと、もう生きる気力のようなものが乏しくなってしまうのではないか。そういう意味では、元々独身で生きてきた男性や、自営業で“定年”というものがなく、細々でも仕事を継続していると、それに引っ張られる形で“生命を保つ”ということはあるような気がする。そういう点では、趣味の乏しい人の方が、仕事を失った後の気力が失われやすい。趣味というと、大げさなものを想定する人がいるが、要するに心身を“打ち込めるもの”ならなんだって良い。人間は“好きなもの”や“気に入ったもの”と触れ合っていれば、黙っていても“命の泉”が湧く。そういう風に出来ているのだ。逆に“嫌いなもの”や“厭なもの”と一緒だと“命の泉”が枯れていく。だから、そういう意味では人でも、モノでも、“好き”になりやすい人の方が、“嫌い”になりやすい人よりも“長生き”しやすいともいえる。何かを“好き”になって、夢中になっていれば、長寿で居られる可能性が高いのだ。もっとも、長寿であっても経済的に余裕がないと、人生を愉しめない。そういう意味では、同じ百歳でも、健康で暮らしに余裕のある百歳が増えると良いのだが…。


最近の記事はこちら

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.