今日の迷言・余言・禁言

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率が増えてきた。特に今回の調査で注目すべきは全都道府県すべてで外国人が増えたというデータだ。都市ばかりではなく、地方や田舎でも確実に外国人の居住生活者が増えてきている。これを、どう受け止めるかは難しい問題である。単純に言えば、どこに行っても外国人に出くわす「日本」になった。その日本に来ている外国人を大きく分ければ「優秀な外国人」と「粗悪な外国人」とに分けられる。もちろん、その両方に属さない「普通の外国人」もいる。けれども、その割合は少ない。ここが重要なのだ。日本は“陸続きの国”ではないので、他の国のように「普通の外国人」は多くはならない。最初から日本語を話せるとか、日本の文化・風習を理解して入国してくる外国人は、多くは「頭脳優秀な外国人」である。若い人たちの場合、母国の中で“日本のアニメ”を見て育っているケースも多い。そういう人達は自然と「日本」というものを理解し、日本に親しみを抱いて入国してきているので、日本の慣習にも違和感が少ない。それに対して、さまざまな事情から「労働者」として“特定の期間”だけ働くことを目的として入国している外国人は、もともと日本に永住しようという気持ちが乏しい。あくまで「出稼ぎ労働者」の意識しかない。したがって、日本に“溶け込もう”という意識は少ない。とりあえず日本で生活するため“不慣れな場所”で居住しているのだ。だから、どうしても日本国にも、日本人にも、本当のところ親しみは感じない。大昔、集団就職で田舎から東京に出ていく若者が急増した時代がある。あの時にも、田舎から都会にやってきた若者たちは、不慣れな都内生活の中で田舎を恋しがった。同じような感覚が日本に“出稼ぎ”として入ってくる外人たちにも生じているに違いない。ところが期待したほど“高賃金”ではなく、労働そのものも長時間で休みが乏しいとなれば、不満が募って来るのは当然である。だから「粗悪な外国人」を増やしてしまうか、それとも「普通の外国人」に変えていけるかは、実は日本の今後の“賃金体系”や“労働環境”に掛かっているのだ。昔は日本とアジアの間には「差」があった。けれども、その「差」は急速に縮み、今や抜かれようとさえしている。「粗悪な外国人」が増え、犯罪が横行するか、それとも「普通の外国人」と共存共栄が出来る「大人の日本国」になれるかは今後の日本に掛かっているのだ。


最近の記事はこちら

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

“高齢者”と“独身者”の「ハーフ婚」はいかが⁉

最近、どの調査を見ても「日本」がダントツに“1位”を獲得できるものはなくなってきている。そういう中で、唯一“ダントツ1位”をこれからも維持していけそうなのが、65歳以上の高齢者が占める人口比率であるら…続きを読む

「長命」でも「長寿」ではなかった夫婦

世の中には“何となく哀しい”と思えるような事件が時々ある。9月14日早朝、一人の老人が逮捕された。自ら110番をしてきて「家内を殺してしまった。自殺できなかった」と告白し、警察が110番した男の自宅に…続きを読む

「名月」&「雅楽」こそ“日本の美”

私はときどき、自分が日本人らしい生活の仕方をしているのか疑問に思う。少なくとも“平安時代”のような生活からは程遠い。けれども日本に産まれ、日本人の両親を持ち、日本の大地で育ってきたから、日本人特有の「…続きを読む

「ウルトラマン・ブッダ」が地球を救う⁉

タイが“仏教王国”であることは広く知られている。国民の94%が敬虔な仏教徒だ。けれども若い人たちは、必ずしも「仏陀(ブッダ)」だけが“人類を救う”とは思っていない。“正義の味方”であるウルトラマンだっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.