今日の迷言・余言・禁言

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率が増えてきた。特に今回の調査で注目すべきは全都道府県すべてで外国人が増えたというデータだ。都市ばかりではなく、地方や田舎でも確実に外国人の居住生活者が増えてきている。これを、どう受け止めるかは難しい問題である。単純に言えば、どこに行っても外国人に出くわす「日本」になった。その日本に来ている外国人を大きく分ければ「優秀な外国人」と「粗悪な外国人」とに分けられる。もちろん、その両方に属さない「普通の外国人」もいる。けれども、その割合は少ない。ここが重要なのだ。日本は“陸続きの国”ではないので、他の国のように「普通の外国人」は多くはならない。最初から日本語を話せるとか、日本の文化・風習を理解して入国してくる外国人は、多くは「頭脳優秀な外国人」である。若い人たちの場合、母国の中で“日本のアニメ”を見て育っているケースも多い。そういう人達は自然と「日本」というものを理解し、日本に親しみを抱いて入国してきているので、日本の慣習にも違和感が少ない。それに対して、さまざまな事情から「労働者」として“特定の期間”だけ働くことを目的として入国している外国人は、もともと日本に永住しようという気持ちが乏しい。あくまで「出稼ぎ労働者」の意識しかない。したがって、日本に“溶け込もう”という意識は少ない。とりあえず日本で生活するため“不慣れな場所”で居住しているのだ。だから、どうしても日本国にも、日本人にも、本当のところ親しみは感じない。大昔、集団就職で田舎から東京に出ていく若者が急増した時代がある。あの時にも、田舎から都会にやってきた若者たちは、不慣れな都内生活の中で田舎を恋しがった。同じような感覚が日本に“出稼ぎ”として入ってくる外人たちにも生じているに違いない。ところが期待したほど“高賃金”ではなく、労働そのものも長時間で休みが乏しいとなれば、不満が募って来るのは当然である。だから「粗悪な外国人」を増やしてしまうか、それとも「普通の外国人」に変えていけるかは、実は日本の今後の“賃金体系”や“労働環境”に掛かっているのだ。昔は日本とアジアの間には「差」があった。けれども、その「差」は急速に縮み、今や抜かれようとさえしている。「粗悪な外国人」が増え、犯罪が横行するか、それとも「普通の外国人」と共存共栄が出来る「大人の日本国」になれるかは今後の日本に掛かっているのだ。


最近の記事はこちら

39歳すべて失い、71歳“5大会五輪出場”の人生

本当の人生はもろもろ全てを失ってから始まる。時折、そう感じさせるような人物がいる。大井利江氏などは、その典型と言える。71歳で五度目のパラリンピック出場の切符を手にしたのだ。しかも、この人、49歳まで…続きを読む

何百万人より一人に「愛される人生」の選択

かつてAKB48でアイドルだった川栄李奈氏が第一子を出産したことを報告した。同じ日、先月“第一子の妊娠”を公表していた元AKB48の主要メンバーだった篠田麻里子氏が公式の場に出席した。さらに同じような…続きを読む

「35歳」を境に“運命”が大きく変わる職業

アンケートとか調査データには、時々首をひねるようなものがある。このほど公表された「未婚率と職業との関係性」を示すデータはさまざまな点で興味深いのだが、私がもっとも注目したのは、35歳を境として「結婚し…続きを読む

惑星同士の“0度”“180度”が表わす「謎の縁」

俳優の高倉健氏が亡くなって、もう5年の歳月がたった。その5年目の出版を意識したのかどうかは知らないが、高倉健氏の“養女”であった小田貴月氏が書き記した『高倉健、その愛。』が好調な滑り出しを示していると…続きを読む

「才能」と「犯罪」を突き動かすもの

最近、才能のある人が自ら犯罪を犯す、或いは犯罪に巻き込まれる、というケースが多い。人間はもともと弱いので、それが「犯罪」と認識していても、ちょっとぐらいは…という風な気持ちで巻き込まれてしまうケースも…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.