今日の迷言・余言・禁言

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行くと南アメリカのアマゾン流域には文字通りの「先住民族」が今も“弓矢を持って”暮らし続けている。彼らは「文明」に“乗り遅れた”のではない。「文明」を“拒否し続けて”今日まで来ているのだ。或る意味では、アマゾン川流域という自然環境が、それを択ばせたともいえる。熱帯雨林は通常の文明生活が役立ちにくい。例えば服装なども、湿度が高いので裸の方が楽なのだ。幼い頃から“狩猟民族”として育つと、文明社会の“変な仕事”であくせくするなんてまどろっこしい。食べたいものがあれば、射止めれば良いのだ。そのための“弓矢”だ。それに、何よりも「文明人」は弱い。その証拠のように、エクアドルのパスタサ県に暮らす先住民族は、いとも簡単に“二人の警察官”“二人の兵士”“二人の民間人”を捕まえた。この六人を“人質”として、新型コロナウイルスで亡くなった首長の「遺体を俺たちに引き渡せ」と要求したのだ。自分たちには、自分たちの“やり方”がある。首長の遺体は“神聖呪術”によって葬らなければならない。それが古代から続く「掟」なのだ。六人の人質を取られて、なすすべもなく、文明人たちは先住民族に、文明的なやり方で埋葬してあった“感染者の遺体”を掘り起こし、彼らの言う通りの場所へと運んだ。そうして、人質になっていた人々は解放された。ここで注目すべきは、そこに“二人の警察官”と“二人の兵士”とが含まれていたことである。われわれ文明人の警察官や兵士は、いとも簡単に拉致された。要するに弓矢を駆使する先住民族に、歯が立たなかったのだ。まるで宇宙人に拉致された地球人でもあるかのように、いとも簡単に拉致され、そして目的を果たされた。「文明」とは何だろう。われわれは「感染症」にも勝てないし、地震や豪雨や火山噴火にも勝てない。要するに勝てるものがない。そして先住民にも勝てない。宇宙人が来たら多分勝てない。先住民が「文明」を拒否したのは当然だったのかもしれない。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.