今日の迷言・余言・禁言

「光」を求めて

人は誰でも、逆境に陥った時には本能的に「光」を求めて行動する。自分にとって少しでも未来を照らし出してくれるよう思える方向へ手を伸ばすのだ。ところが、その時には「光」に見えたものが、後から気付くと“「闇」への入り口”だった、ということも多い。日頃、思慮深い人であっても、勘の良い人であっても、人生には「魔」というものが忍び込むことがある。運気の悪さが「魔」を呼び寄せてしまうこともある。或る種の思い込みとか、タイミングとか、反抗心とか、投げやりな気持から、一瞬「光」の奥に潜む「闇」に気付かないことがあるのだ。突き進んでいくにしたがって、未来を予知する潜在意識は何らかの「警告」現象を発するが、そこで“踏みとどまれる”人は少ない。「運命の分かれ目」という言葉には、誰もが体験する人生の真実が含まれている。


最近の記事はこちら

「才能発揮」には忍耐強さも必要

昨日、毎年行われる「プロ野球ドラフト会議」が行われた。新人選手に対する“スカウト交渉権”を得るための場だが、今年の場合さまざまな面でいつもとは異なり、異色のドラフト会議になった。私が何よりも感じたのは…続きを読む

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.