今日の迷言・余言・禁言

「入学」「就職」「転勤」の方位吉凶

昨年もそうだったが、今年はより以上に「引っ越し難民」が出そうなほど3月4月に引っ越しが集中するらしい。ただ今年は業者間での“提携・協力”が呼びかけられていて、その点では多少緩和するのでは…という予測もある。この時期に引っ越しが集中するのは、当然のことながら「入学」「就職」「転勤」が重なるからである。それ以外の引っ越しはおのずと手控えられる。もうすでに引っ越し先が決まっている人なら、少し早めに引っ越してしまうという“手”もある。特に「東」「西」「南」方位への引っ越しであれば…。どうしてかというと、これらの方位は今年の方位盤では「気学」の方位盤でも「奇門遁甲」の方位盤でも、あまり“良い方位”として示されていないからだ。しかも今年の場合、2020年の“年盤”と3月の“月盤”と、主要な部分が重なってしまう。つまり方位作用が3月5日~4月3日迄の間に引っ越した人達は強烈に働きやすい。もちろん好い場合にも強力に作用する。だから、幸運な方位の場合は3月の引っ越しはおススメなのだ。けれども凶運の場合は、それでなくても引っ越し業者から“雑に扱われやすい時期”なので、しかも料金的にも高いので、より“凶運”が身に染みることになる。特に、入学で「東方位」に向かおうとしている場合、就職で「南方位」に向かおうとしている場合、さらに転勤で「西方位」に向かおうとしている場合、より顕著に“凶作用”を受けやすい。だから、もしも可能であれば今月中とか遅くとも3月4日までに引っ越してしまった方が良い。方位の作用というのは、実は引っ越す日にちはあまり関係がない。厳密に言えば関係があるのだが、十日後には消えてしまうので、考慮しなくても良いということだ。“月盤”の作用は9か月間続く。したがって、引っ越し先での最初の一年に大きく作用する。その後になって“年盤”だけが作用し続ける。つまり、最初の9か月間は“月盤”と“年盤”のダブルで“凶方パンチ”を受けることになる。だから、可能ならば早めの出発が良いのだ。東方位の凶作用は、特に交通事故とか、ネット障害とかで現れやすい。南方位の凶作用は、愛の別れとか、目上との衝突で現れやすい。西方位の凶作用は、飲食生活上の問題とか、金銭面の浪費とかで現れやすい。まあ3月移動が覆せない人は、それらの事柄には特に要注意で新たな生活をスタートすることだ。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.