今日の迷言・余言・禁言

「内縁」と「事実婚」と「同棲」の違い

タレントの藤崎奈々子さんが“十年間の事実婚”をTV番組内で語ったようだ。「事実婚」という言葉、なんとなく引っかかる。「内縁」や「同棲」とは何が違うんだろう。この三つの違い、知っていそうで知らない人が大半ではないだろうか。特に、内縁と事実婚とは何が違うのか。実はどちらも“入籍しない婚姻状態”をいうのだが、“内縁”の方は双方とも婚姻の意思があるが、婚姻届けを出せない社会的要因を持っている同居生活のことらしい。その多くは“正式離婚”していないので、或いはできていないので、仕方がなく未入籍となっている状態を指す。私は昔、夫の元を飛び出して8年になるが“籍を抜くことができない”で苦しむ女性から何度も相談を受けていた。親や親戚から強力な反対あって“入籍できない”場合もある。それに対して“事実婚”というのは、双方とも婚姻の意思を持っているが、意図的に“入籍したくない理由”があって、未入籍となっている同棲状態を指すらしい。例えば“姓の変更”を嫌うとか、“妊娠・出産”を嫌うとか、“親戚関係の拒否”とか、“相続関係の拒否”とか、いろいろな理由から“未入籍を選択”している状態を指す。そういえば「子供が生まれたらどうするんだ、と言ったら、その時考える、と息子が言うんですよ」と嘆いていた父親がいた。さらには同性愛から“事実婚を実行”しているカップルもいた。近年はフランスなどで「事実婚」を選択する人が多くなっているというが、これから日本でもそういう人たちが増えていきそうな気がする。もう昔のように「既婚」と「未婚」の二つだけではなくて、さまざまな選択肢の中から“どれにしようかな?”という具合に「結婚」を考えていく時代が、なんとなく私には“寂しい時代”のような気もするが、迫ってきているのかもしれない。


最近の記事はこちら

「入れ墨」か「タトゥー」か

時々、どちらの言い分が正しいのか、判別が難しい対決がある。大阪地裁で争われている“医師法違反”もその一つで、医師免許がないのに“入れ墨”の施術をしたとして医師法違反に問われた“彫師の男性”が「タトゥー…続きを読む

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.