今日の迷言・余言・禁言

「内郭」が“飛び出ている女性”の見本

年末年始には著名人の“結婚・離婚”報道が多くなる。その中でも私が興味を抱いたのは、子供を5人も抱えて“離婚”に踏み切った堂珍敦子氏の「シングルマザー宣言」ともいうべきものである。しかも、まだみんな小さい子供達を5人も抱えて離婚に踏み切った。よほどの決意がなければ出来ることではない。逆な言い方をすれば、夫であった堂珍嘉邦氏は“5人もの子供達”を一気に手放したことになる。もっとも、それまでも実質4年以上、夫は“家を追い出された状態”だったらしい。そういう点から言えば、“離婚の合意点を見出す”のに時間が掛かっていただけなのかもしれない。私のところにも、時々、子供を抱えたまま離婚に踏み切ろうとする女性から相談が来る。けれども、さすがに5人の子供を抱えての相談は来たことがない。そこで改めて堂珍敦子氏の画像を検索した。人相的な観点からの特徴は比較的口や頤が大きく、観相学的には“家庭愛の強い女性”であることは間違いがない。つまり、そういう女性が“子供達”を引き連れて離婚に踏み切るのは、この“家庭を守ろう”、或いは“この子供たちを守ろう”という意識が働いた時である。それだけ堂珍嘉邦氏の方には“家庭人”として、或いは“父親”として、何らかの問題を持っていたということだろうか。もう一つ、私が気になったのは、堂珍敦子氏の“耳の内郭”である。極端なくらいに、耳の内郭が飛び出ている。これは芸能界などで活躍している女性には時折見受ける形で、個性が強く、自分の“思想・生き方”をどこまでも貫いていく人物の相である。女性の場合は、十代の頃から、それを貫いているのが特徴だ。ほとんどの場合、実家を飛び出すような形で上京しているケースが多い。彼女の場合はどうだったのか知らないが、多分、それに近かったことだろう。極端に内郭が飛び出す女性は、親元に居ると、必ず“親と衝突する”もので、束縛を特に嫌う。そういう意味では、堂珍氏の離婚原因の一つとして、妻の仕事復帰を夫が嫌がった、という報道も出ている。もし、それが本当なら、妻が反発するのは当然である。人相的には敦子氏の場合、額が広く、鼻脇からの法令線もクッキリとしていて、キャリアウーマン型である。家庭に閉じこもるタイプではない。男性で結婚後に“専業主婦”となってくれる女性を求めるなら、まず額が広く高い女性は外すこと、法令線がクッキリしている女性は外すこと、そして何よりも耳の内郭が飛び出ている女性の“生き方”は、変えられないと憶えておいていただきたい。


最近の記事はこちら

日本人3割が、今も喫煙している事実

そういえば今もタバコは売られている。だから無くなったわけではなかった。けれども一般的な感覚として、何となく今の日本にはもうタバコを吸う人達はいなくなったかのような印象を受けていた。街でタバコを吸う人を…続きを読む

39歳すべて失い、71歳“5大会五輪出場”の人生

本当の人生はもろもろ全てを失ってから始まる。時折、そう感じさせるような人物がいる。大井利江氏などは、その典型と言える。71歳で五度目のパラリンピック出場の切符を手にしたのだ。しかも、この人、49歳まで…続きを読む

何百万人より一人に「愛される人生」の選択

かつてAKB48でアイドルだった川栄李奈氏が第一子を出産したことを報告した。同じ日、先月“第一子の妊娠”を公表していた元AKB48の主要メンバーだった篠田麻里子氏が公式の場に出席した。さらに同じような…続きを読む

「35歳」を境に“運命”が大きく変わる職業

アンケートとか調査データには、時々首をひねるようなものがある。このほど公表された「未婚率と職業との関係性」を示すデータはさまざまな点で興味深いのだが、私がもっとも注目したのは、35歳を境として「結婚し…続きを読む

惑星同士の“0度”“180度”が表わす「謎の縁」

俳優の高倉健氏が亡くなって、もう5年の歳月がたった。その5年目の出版を意識したのかどうかは知らないが、高倉健氏の“養女”であった小田貴月氏が書き記した『高倉健、その愛。』が好調な滑り出しを示していると…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.