今日の迷言・余言・禁言

「内郭」が“飛び出ている女性”の見本

年末年始には著名人の“結婚・離婚”報道が多くなる。その中でも私が興味を抱いたのは、子供を5人も抱えて“離婚”に踏み切った堂珍敦子氏の「シングルマザー宣言」ともいうべきものである。しかも、まだみんな小さい子供達を5人も抱えて離婚に踏み切った。よほどの決意がなければ出来ることではない。逆な言い方をすれば、夫であった堂珍嘉邦氏は“5人もの子供達”を一気に手放したことになる。もっとも、それまでも実質4年以上、夫は“家を追い出された状態”だったらしい。そういう点から言えば、“離婚の合意点を見出す”のに時間が掛かっていただけなのかもしれない。私のところにも、時々、子供を抱えたまま離婚に踏み切ろうとする女性から相談が来る。けれども、さすがに5人の子供を抱えての相談は来たことがない。そこで改めて堂珍敦子氏の画像を検索した。人相的な観点からの特徴は比較的口や頤が大きく、観相学的には“家庭愛の強い女性”であることは間違いがない。つまり、そういう女性が“子供達”を引き連れて離婚に踏み切るのは、この“家庭を守ろう”、或いは“この子供たちを守ろう”という意識が働いた時である。それだけ堂珍嘉邦氏の方には“家庭人”として、或いは“父親”として、何らかの問題を持っていたということだろうか。もう一つ、私が気になったのは、堂珍敦子氏の“耳の内郭”である。極端なくらいに、耳の内郭が飛び出ている。これは芸能界などで活躍している女性には時折見受ける形で、個性が強く、自分の“思想・生き方”をどこまでも貫いていく人物の相である。女性の場合は、十代の頃から、それを貫いているのが特徴だ。ほとんどの場合、実家を飛び出すような形で上京しているケースが多い。彼女の場合はどうだったのか知らないが、多分、それに近かったことだろう。極端に内郭が飛び出す女性は、親元に居ると、必ず“親と衝突する”もので、束縛を特に嫌う。そういう意味では、堂珍氏の離婚原因の一つとして、妻の仕事復帰を夫が嫌がった、という報道も出ている。もし、それが本当なら、妻が反発するのは当然である。人相的には敦子氏の場合、額が広く、鼻脇からの法令線もクッキリとしていて、キャリアウーマン型である。家庭に閉じこもるタイプではない。男性で結婚後に“専業主婦”となってくれる女性を求めるなら、まず額が広く高い女性は外すこと、法令線がクッキリしている女性は外すこと、そして何よりも耳の内郭が飛び出ている女性の“生き方”は、変えられないと憶えておいていただきたい。


最近の記事はこちら

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.