今日の迷言・余言・禁言

「円安」と「円高」の綱引き

日銀が提出した“2016年の恐怖シナリオ”と呼ばれる㊙レポートが話題となっています。これはあくまで“仮想レポート”で、しかも“リーマンショックのような出来事が起きたなら…”という前提付きなのですが、マスコミの多くは「恐怖シナリオ」の中身だけを大々的に取り上げ「大変な年になる」と騒いでいます。その中身とは、再び円高となって「1ドル=93円」まで進み、日経平均株価は5割以上も下落する…というものです。確かに、この“恐怖シナリオ”がその通りに実現すれば社会的動乱が起こるのは間違いありません。けれども、結論から言えばこのような事態は100%起こりません。起こりようがないのです。まして中国通貨の「元」が“国際通貨”となった今後、「円」だけが買われる可能性は徐々に低くなっていくでしょう。今もそうですが「円安」と「円高」は常に“綱引き”を繰り返しながら、黒田総裁が変わらないうちは、徐々に「円安」方向へと進んでいくでしょう。


最近の記事はこちら

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

窓のマークが「謎」を解く鍵?

アメリカのカリフォルニア州で17歳の少女が警察に助けを求めて発覚した事件。自宅に13人の子供たちを“監禁・虐待した容疑”で、1月14日、その家の父親と母親とが逮捕された。自宅に2歳~29歳までの自分の…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.