今日の迷言・余言・禁言

「円高」が日本を窮地に追い込む

今年に入って急速にドル円相場が動いている。昨年半ばまでの「円安」基調から徐々に反転し、年明けからは明らかな「円高」方向へとかじを切った形だ。1ドル=125円だった昨年半ばから、現在は15円も「円高」の1ドル=110円前半にある。それでも訪日外国人の数が減らないのは奇妙な現象だが、輸出産業には「警戒信号」が鳴りっぱなしの状況なのだ。日本は基本的に輸出産業で成り立っている国であり「円高」は“国益”を減らし“不景気”を呼び込む最大の原因となる。しかも、この「円高」効果というのは、すぐに表れるのではなく実質的には半年以上先になって一般の人々には実感されるような性質を持っている。つまり今よりも半年先の方がもっともっと“景気が悪くなる”予報となるのが「円高」への急速な動きなのだ。実はさらに“ショッキングな予測”がある。一説に「ドル円相場」には“周期性”があり、それによるといったん「円高」にかじが切られたなら、今年9月頃までは「円高」が進行していく可能性が強く、そうすると1ドル=87円付近まで円高が進んでしまう可能性が指摘されている。そうすると昨年半ばに2万円だった日経平均株価は、なんと半額の1万円付近まで落ち込む可能性が強い。株価は景気の先行指標だから、とてつもなく「危険」な水域を指示していることになる。早急に「手」を打たなければ「日本」が沈む。


最近の記事はこちら

「心の傷」&「慰謝料」を引き摺りながら…

よく企業間では“訴訟合戦”が行われたりする。稀に男女間でも“訴訟合戦”を行うことがある。その典型的な例が、大阪で起こった。2008年8月、女性は離婚して間もない30代前半の会社員だった。心身とも深く“…続きを読む

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.