今日の迷言・余言・禁言

「写真」の重み

私には「幼い頃」の写真がない。10代から30代にかけて何度も引っ越し、いろいろ生活も変転したので、昔のアルバムとか写真とかがなくなってしまったのだ。10代以降は仕方がないとしても、それ以前の写真がなくなってしまったのは何とも残念としか言いようがない。昔、写真というのは貴重品で、よほど何かの記念日でもないと写さなかった。だから元々が中学生以前は4~5枚くらいしかない。私の家は貧しかったので写真など写す余裕がなかったのだろう。現代は“写真が有り余る時代”となった。あらゆる場面で写真を写す。「幼い頃」の写真がない、などという人はいなくなるのだろう。あまりに手軽すぎて「写真」の持っていた重みが消えてしまった。


最近の記事はこちら

町が地図上から消える炎

既に25万人が“避難生活”を強いられている。竜巻でもなく、豪雨でもなく、地震でもなく、津波でもなく、火山噴火でもない。とにかく、もう44人が亡くなったことだけはハッキリとしている。そして6500棟の住…続きを読む

UFOと北朝鮮の漂流船

「判読不明の数字が書かれていた」「なぜ北海道沿岸で多数が目撃されるか解からない」「誰も乗っていないことが多い」「漂着した遺体からは国籍も性別も解からない」このようにニュースの一部だけ書くと、何となく“…続きを読む

自身を観る「眼」を信じろ!

近年、海外で活躍している日本人は多い。特に芸術やスポーツの分野でそれが著しい。たまたま海外からのニュースの中で二人の人物が登場した。その一人は永久メイさん。まだ18歳の少女だが、中学1年で親元を離れて…続きを読む

「雪が降る」という“名曲”のごとく

北国の「雪」には、どこか“もの悲しい雰囲気”が漂っている。だから“冬”など無くなってしまうのが本当は良い。完全になくなってしまうのも少し寂しい気がするので、2週間くらいだけ“冬”がやって来て、足早に去…続きを読む

「あじさいの花」の“理想”と“現実”

「あじさいの花」という名称はとても良い。いかにも障害者に優しそうな印象を与えるからだ。けれども、そういう“優しい名称”や“可愛らしい名称”の企業は大体が長続きしない。今「企業」と書いたが正確に言えば企…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.