今日の迷言・余言・禁言

「冥婚」で“死後の花嫁”を得ようとする人々

中華圏に続いている“奇妙な風習”を初めて知った。“死後の花嫁”を求める「冥婚」という儀式だ。地域によって「幽婚」とも「鬼婚」とも呼ばれるらしい。とにかく未婚のまま亡くなった男性に“死後世界用の伴侶”を授けようとするのが本来の目的であった。主として一家の“働き頭”でありながら、若くして事故で亡くなった男性に施すのが3000年前から脈々と続く風習らしい。最初それは“幽玄なる儀式”として、真摯に執り行われてきた。本人の遺影が飾られた室内で、本人の棺の中に、死後世界で“花嫁となるべき女性の遺骨・遺体”を静かに納める。そうすることで本人の魂は鎮まり、身内に対して“祟る”ことがない。これが重要なのだ。だから「冥婚」は“死者への儀礼”として重要なものとされ、今日まで密かに続いてきた。もっとも、亡くなった本人にふさわしい“死後の花嫁”を見つけ出すのは実際のところ難しい。もちろん、同じころに亡くなった“少女の遺体”や“若い女性の遺体”が必要なのだが、今日ではそれを見つけ出すのは容易ではない。そこで、どうするか。殺人が行われるようになったのだ。そして、それが実際に行われ、実に日本円で100万円前後の価格で売買されるという“信じがたい闇取引”が、現代でも行われているというのだ。今年の4月、中国・陜西省で「冥婚」目的から殺害した遺体2体を運んでいた車が発覚し、容疑者が逮捕された。本来は、荘厳な“死者への儀礼”として執り行われてきた風習だが、実際のところ中国では、以前から産まれてくる男女の比率が“合わない”ことが指摘されてきた。事故で早死しなくても“死後の花嫁”を必要とする男性が多くなってきている。世界的に“未婚率”が高くなってきている今日「冥婚」という“奇妙な風習”は、けれどただ単に“奇妙な風習”では片づけられない“課題”をわれわれに投げかけているような気がする。


最近の記事はこちら

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

「正義」に固執しすぎる時代

最近のニュースには「正義」というものに固執し過ぎているものが多い。特に「絶対正義」だ。その時、正義でも時代が変わることで、正義でなくなってしまうことは少なくない。例えば太平洋戦争の時代、お国のために“…続きを読む

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.