今日の迷言・余言・禁言

「出でよ‼」個性際立つ“本屋さん”

大坂の中津に、その本屋さんはあるという。書店というより“本屋さん”という感じの古い2階建てだ。「ローカルメディア&シェア本棚 はっち」という奇妙な店名だ。社団法人ワオンプロジェクトの田中冬一郎氏が運営している。1階は文字通り“シェア本棚”で、狭いスペースに区切って各古書店が間借りしている。2階は自由に持ち帰れるフリーペーパーばかり200種類以上を取り揃えて置いている。平日の20時より営業というのが残念だが、フリーペーパーで利益は出ないのだから仕方がない。それにしても200種類以上のフリーペーパーが並ぶというのは、興味深い。大昔、私の友人がフリーペーパーの編集をやっていたのを思い出す。彼はまだフリーペーパーの編集を悩みながらやっているのだろうか。それとも、まったく関係のない仕事に変えてしまっているだろうか。よく高級美容室とか高級カフェとかで、やたら分厚くて重い雑誌が置かれている。大抵は婦人向け、それも“生活にゆとりある”婦人向けで、写真が多くて文字の少ない趣味的な雑誌だ。そういう高価な雑誌とは対照的なのが無料の薄いフリーペーパーである。私は、そのどちらにも目を通す。写真は分厚い高価な雑誌に良いものが多い。文章はどちらかと言えばマニアックなフリーペーパーの方が興味深い。それにしても、フリーペーパーだけを200種類以上も置いているのは社団法人だから出来ることなのだろう。最近は、どの書店へ行っても同じ雑誌、同じ書籍しか目につかない。毎日、途方もない数の雑誌や書籍が生れているのに、通常の書店で扱うのは“同じ雑誌”“同じ書籍”ばかりである。こんなに一冊の書籍に“広いスペース”を使うのなら、もっとさまざまな書籍も並べてやれば良いのに…といつも思う。書店というのは“売れそうもない本”は送られてきても書棚に並べようともせず、返本してしまう。だから、そういう本が“売れない”のは当たり前なのである。しかも、それを決めるのは店長だったり、そのコーナーの担当者だったりする。もちろん、読んで決めているわけではない。大きな出版社から出ているか、人気ある作家であるかどうか、それだけが選別対象なのだ。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.