今日の迷言・余言・禁言

「別人」として生きている人々

世の中にはさまざまな事情から“身を隠す”人たちがいる。たいていの場合は“誰か”には打ち明けて出ているものだが、時として誰にも告げず、突然、消えてしまうような人もいる。福井県で1997年4月に“行方不明”となった宮内和也氏もそういう人物の一人だ。その後の調査で海岸でジャンバーなどが見つかったところから北朝鮮に拉致された可能性もあるとして「特定失踪者」のリストに加えられていた。それから19年が過ぎ、先日、県外で発見・保護された。親族が確認したらしいが、まだ家族には会っていないという。「泣いて、泣いて、泣いて、どうしようもないくらいに泣いた」という本人の状況から、大体のことは察することができる。多分、彼は19年間「別人」として生きてきたのだ。どういう経緯で“発見”になったか知らないが、警察での事情確認は終わり“事件性はない”とされているので、本人の意思による“失踪”であったことは間違いがない。19年間の“空白”を埋めていくのは大変だが、まだ51歳なので“焦らず元に戻る”ことを考えればよい。おそらく、国内には、そして海外にも、何らかの事情から「別人」として生きている人たちが何人も、何十人もいることだろう。自らの意思で「別人」となった人、「別人」として生きる以外なかった人、半強制的に「別人」とさせられた人…などがいるに違いない。何しろ、年間10万人くらいの「失踪」届が出る。そのうち98%は1週間以内に発見される。最後まで分からないままの失踪者も年間千人くらいはいるらしい。今回の親族の方が「一瞬で本人と判った」と言っていた。「血は水よりも濃い」のだ。


最近の記事はこちら

「行方不明届け」は「殺しの暗号」か

BSのTV番組欄には“推理ドラマ”の再放送が多い。それだけ“推理ドラマ”は時代が多少ずれても楽しめるからだろうか。推理ドラマは楽しければそれで良いのだが、現実の“殺人事件”は決して楽しいものではない。…続きを読む

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.