今日の迷言・余言・禁言

「前を見る」ということ

歌手&女優・酒井法子が16年ぶりに都内で単独コンサートを行った。1200人を前に31曲を熱唱したという。これまでにもディナーショーなどは出ていたらしいが、単独コンサートは16年ぶりだったようで、2009年の覚せい剤事件から7年、本当の意味で“社会に復帰した姿”と言える。近年は“パチンコ店の営業”を主戦場としていて、そちらの方でも意外なほど人気を集めているという。この人“人気運”は天性のものなのだ。実は昔、私も占い師として“パチンコ店の営業”をしたことがある。だが、私は正直なところ、これは私の仕事ではない、と思った。まず、第一に本当にパチンコ好きな人たちは、イベントなど興味がない。逆にイベントに興味がある人たちは、パチンコに興味がない。タレントなどは別なのかもしれないが、普通の話し声が通じない大音響の店内で、占いなどそもそもが“成立しない”のだった。そういうパチンコ店でも脚光を浴びるのは、さすがに“のりピー”である。一時期、福祉の仕事を志した酒井法子だけに、どういう要求にも笑顔で応じられるのだ。あれだけ世間からバッシングされた彼女が社会に復帰できたのは、第一に“覚せい剤夫”と正式離婚し、縁を絶ったことが大きい。第二に“息子さんの存在”で、今の彼女を支えているのは“17歳の愛息”なのである。それ故に“パチンコ店の営業”もこなせるし、“シャブの誘惑”も断ち切れているのである。とりあえず、息子さんに“愛する女性”が出てこない間は大丈夫なのだ。女は「母」として生きるとき、強いからである。人は誰だって“大きな失敗”を経験するときがある。“取り返しのつかない間違い”を犯す時がある。問題は、そのあとで“どう前を向いていくか”なのだ。どう“前だけを向く”ことができるかどうかなのだ。


最近の記事はこちら

お遊びの「宝探し」を“神”は許さない

「宝探し」という言葉から、あなたは何を思い出すだろうか。海に沈んだ“財宝”、山奥に隠された“金塊”、埋葬された遺体と“黄金”、密林の向こうの“黄金遺跡”…いくつかのパターンやシーンが頭に浮かぶ。そうい…続きを読む

「ご要望がある限り…」という“名言”

「グラビアアイドル」という名称は、いったい誰が付けたのだろう。誰なのかはわからないが、よくよく考えると“奇妙な名称”である。だが、何となくは理解できる。そして実際に、そういう形で多くの女性達が“仕事”…続きを読む

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.