今日の迷言・余言・禁言

「努力」で“得られるもの”&“得られないもの”

アメリカのBBCが選ぶ「100人の女性」の一人として、今年9月に現役引退を表明したテニスの伊達公子選手が選出されている。彼女への評価はプロテニス選手としてアジア初の“トップ10入り”が一番の理由なのだが、それ以上に大きく評価されているのが、25歳で一度“現役引退”をし、その12年後・37歳にして“現役復帰”してから今年9月まで10年間もプレイし“50位以内”に食い込む記録を打ち立てたことだ。けれども、こういう履歴的なこととは別に、彼女が教えてくれる“大切な言葉”がある。「テニスは努力すれば結果が出るけど、努力しても得られないものがある」彼女は25歳で“現役引退”した後に結婚した。それは母親と同じような“専業主婦”を夢見ていた彼女の理想の姿だった。けれども、彼女は、元夫と共に努力をしたが子供を得られなかった。幼い頃から、ずっと子供が欲しかったのだ。不妊治療を何度も試みたが、得られなかった。テニスでの練習のように何度も試みたが得られなかった。彼女が“現役”を辞めた一番の理由は“テニスが嫌い”になったからだった。勝つのが当たり前、世界ランク4位まで上り詰めた彼女には、常に“勝つこと”が要求され、テニスが楽しめなくなった。だから25歳で、その時には“何の未練もなく”やめることが出来たのだ。そうして、専業主婦になれた時、彼女自身は“もっとも輝いて”いた。けれども、妊娠・出産は、テニスの練習とは違った。手応えがなかったのだ。どんなに努力しても、虚しさだけが通り過ぎて行った。だから、嫌いになったはずのテニスが“我が子”のように手招きしているのに気付いたのだ。そして37歳で“現役復帰”し、40歳で再び50位以内に食い込むことが出来た。何よりも、テニスをするということが順位などに関係なく楽しくて仕方がなかった。人は、表面上のことだけで、その人の人生を推し量りがちである。けれども、履歴には載らない“本当の人生”が、ここにある。


最近の記事はこちら

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.