今日の迷言・余言・禁言

「努力」で“得られるもの”&“得られないもの”

アメリカのBBCが選ぶ「100人の女性」の一人として、今年9月に現役引退を表明したテニスの伊達公子選手が選出されている。彼女への評価はプロテニス選手としてアジア初の“トップ10入り”が一番の理由なのだが、それ以上に大きく評価されているのが、25歳で一度“現役引退”をし、その12年後・37歳にして“現役復帰”してから今年9月まで10年間もプレイし“50位以内”に食い込む記録を打ち立てたことだ。けれども、こういう履歴的なこととは別に、彼女が教えてくれる“大切な言葉”がある。「テニスは努力すれば結果が出るけど、努力しても得られないものがある」彼女は25歳で“現役引退”した後に結婚した。それは母親と同じような“専業主婦”を夢見ていた彼女の理想の姿だった。けれども、彼女は、元夫と共に努力をしたが子供を得られなかった。幼い頃から、ずっと子供が欲しかったのだ。不妊治療を何度も試みたが、得られなかった。テニスでの練習のように何度も試みたが得られなかった。彼女が“現役”を辞めた一番の理由は“テニスが嫌い”になったからだった。勝つのが当たり前、世界ランク4位まで上り詰めた彼女には、常に“勝つこと”が要求され、テニスが楽しめなくなった。だから25歳で、その時には“何の未練もなく”やめることが出来たのだ。そうして、専業主婦になれた時、彼女自身は“もっとも輝いて”いた。けれども、妊娠・出産は、テニスの練習とは違った。手応えがなかったのだ。どんなに努力しても、虚しさだけが通り過ぎて行った。だから、嫌いになったはずのテニスが“我が子”のように手招きしているのに気付いたのだ。そして37歳で“現役復帰”し、40歳で再び50位以内に食い込むことが出来た。何よりも、テニスをするということが順位などに関係なく楽しくて仕方がなかった。人は、表面上のことだけで、その人の人生を推し量りがちである。けれども、履歴には載らない“本当の人生”が、ここにある。


最近の記事はこちら

「ジュリー」は、もういない

世の中には“美形”に生まれて来る人もいれば、そうでない人もいる。先ごろ亡くなった樹木希林さんは“美形”ではなかったことが、後年になって“重宝”された。CMでも「美しい方はより美しく、そうでない方はそれ…続きを読む

イスラム教は、やっぱり怖い!

イギリスの中東専門ニュースサイト「ミドル・イースト・アイ」は16日、サウジ人記者カショギ氏がサウジ総領事館内で生きたままテーブルの上で身体を切断され7分で死亡した、と伝えている。切断したのは“暗殺集団…続きを読む

インドが「CoCo」で埋め尽くされる日

今から30年以上前、私はビルの中にあった“占いハウス”に出勤する形の占い師だった。或る日、30代半ばくらいのちょっとハーフっぽい男性がやって来た。彼は口数の少ない日本人だったが、ドイツで寿司職人をして…続きを読む

「インド占星術師」に転身の上祐史浩氏⁉

ちょっと驚かされるニュースが入ってきた。元オウム真理教徒で現在「ひかりの輪」を主宰している上祐史浩氏が“インド占星術師”に転身するというのだ。今回のセミナーで初めてそれを公言したらしい。元々上祐氏は古…続きを読む

「情報」や「比較」が倒産・廃業を増やす

あまり大きなニュースにはなっていないが、企業倒産の件数・負債総額とも過去最多ペースで増え続けている。おそらく今のままで進めば、今年の企業倒産は年間400件550億円に達するものと予想されている。この倒…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.