今日の迷言・余言・禁言

「北広島」&「新駅誕生」は予言通りだが…

最近、予言は的中しても、何となく憂鬱な事柄が多い。もめにもめていた“日ハム”の新球場が「札幌・真駒内」ではなく「北広島市」に決定した。そのことは年初に雑誌『クオリティ』の中で私が予言していた。つまり「私の占いでは日ハムの新球場の移転先が北広島市に決定される感じが強く出ています。そこで、北海道命名150年を記念したJRの新駅を北広島市に作るなどすればアピール効果が大きいと出ています」このインタビュー記事の後半で述べている“JRの新駅”も、ほぼ確実に作られるだろうことが約束されている。何日か前の新聞で、日ハム側と北海道知事とが会って「新駅構想に協力する」との約束を取り付けているからだ。もちろん、私がインタビューを受けた時点では、そんな構想など日ハム側は一言も語ってはいない。まあ、私個人の「占い」からの発想にすぎない。つまり、この占いは“大当たり”だったのだが、気持ち的には決して晴れやかではない。私個人は「札幌」に作ってほしかったからだ。誤解を避けるために記しておくが、私は別に“日ハム”ファンでもなければ、自分が球場まで行って見物したいからでもない。実は、私は「日ハムの野望」を恐れているのだ。日ハム側が想い描いている“テーマパーク都市構想”は単なる“野球場建設”ではない。さまざまな娯楽施設や観光施設も市側と一体となって建設し、将来的には札幌に匹敵するような“未来都市建設”の野望が含まれているからだ。それらが実現すれば、新千歳空港に近い北広島市は、札幌よりも“道外客”や“外国人客”を取り込める可能性がある。札幌市の場合、何を行うにしても一度でスッキリまとまったためしがない。「新幹線駅」も“新たな東側駅”で決まりとなったが、それまで四つも、五つもの案が生まれては消えた。おそらく日ハム側は最初から北広島市にしたかったのだが、交通の便が極端に悪く、今のままだと仕事帰りに足を運ぶファンを獲得できない。そこで北海道知事に協力を要請した。もちろん、JRの新駅は“日ハムファンの足”として確保したのだが、同時に“未来都市構想”として外せないものなのだ。30年後、果たして北広島市は、札幌市と競い合うような都市へと大変貌しているだろうか。


最近の記事はこちら

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

「死後」も“お騒がせ”しております⁉

よく“生前”いろいろとトラブルを起こしていた人物が亡くなった時「これでようやく穏やかな日常が過ごせるね」等と親戚たちが話しているのを耳にする。ところが、世の中には“死んでから”もトラブルを起こし続ける…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.