今日の迷言・余言・禁言

「北広島」&「新駅誕生」は予言通りだが…

最近、予言は的中しても、何となく憂鬱な事柄が多い。もめにもめていた“日ハム”の新球場が「札幌・真駒内」ではなく「北広島市」に決定した。そのことは年初に雑誌『クオリティ』の中で私が予言していた。つまり「私の占いでは日ハムの新球場の移転先が北広島市に決定される感じが強く出ています。そこで、北海道命名150年を記念したJRの新駅を北広島市に作るなどすればアピール効果が大きいと出ています」このインタビュー記事の後半で述べている“JRの新駅”も、ほぼ確実に作られるだろうことが約束されている。何日か前の新聞で、日ハム側と北海道知事とが会って「新駅構想に協力する」との約束を取り付けているからだ。もちろん、私がインタビューを受けた時点では、そんな構想など日ハム側は一言も語ってはいない。まあ、私個人の「占い」からの発想にすぎない。つまり、この占いは“大当たり”だったのだが、気持ち的には決して晴れやかではない。私個人は「札幌」に作ってほしかったからだ。誤解を避けるために記しておくが、私は別に“日ハム”ファンでもなければ、自分が球場まで行って見物したいからでもない。実は、私は「日ハムの野望」を恐れているのだ。日ハム側が想い描いている“テーマパーク都市構想”は単なる“野球場建設”ではない。さまざまな娯楽施設や観光施設も市側と一体となって建設し、将来的には札幌に匹敵するような“未来都市建設”の野望が含まれているからだ。それらが実現すれば、新千歳空港に近い北広島市は、札幌よりも“道外客”や“外国人客”を取り込める可能性がある。札幌市の場合、何を行うにしても一度でスッキリまとまったためしがない。「新幹線駅」も“新たな東側駅”で決まりとなったが、それまで四つも、五つもの案が生まれては消えた。おそらく日ハム側は最初から北広島市にしたかったのだが、交通の便が極端に悪く、今のままだと仕事帰りに足を運ぶファンを獲得できない。そこで北海道知事に協力を要請した。もちろん、JRの新駅は“日ハムファンの足”として確保したのだが、同時に“未来都市構想”として外せないものなのだ。30年後、果たして北広島市は、札幌市と競い合うような都市へと大変貌しているだろうか。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.