今日の迷言・余言・禁言

「十年の大運」は“存在”するのか⁉

最近、占いの生徒さんからも、占いの鑑定希望者からも、同じような質問を受けたので、そのことについて少し書きたい。推命学上の「大運(行運)」についてだ。古典的な推命学では、通常十年間ごとの「大運」と呼ばれるものを重視している。早い話が十年間ごとに大きく「運が変わる」という捉え方だ。こういう“仮説”のことを、運命学上では「進運」とか「行運」とか「流年運」とか呼ぶ。東洋でも西洋でも古来から存在していて、未来の運勢を物語る「尺度」とされている。推命学の流派によっては、この「大運」を抜きにした先天運など“無意味である”とさえ極言する人たちもいる。西洋の場合には、実はノストラダムスの時代(16世紀の頃)にそういう観方があった。もっとも、そのノストラダムスは古代ギリシャやペルシャの占星学原書からそれらを吸収していた。つまり、ギリシャ・ローマの時代から存在した“運勢判断の観方”なのだ。どういう観方をするのかというと「太陰暦」と「惑星周期」というものを使って、仮想上の“大きな運勢の周期”と、それを細分した“小さな運勢の周期”があって、それらの影響で、どの周期の時には幸運で、どの周期の時には不運なのか、機械的に割り出していく。この占星学の手法を推命学に取り入れたのが「大運法」なのである。西洋が「1日=1年法」を基礎としているのに対して、東洋は「3日=1年」を基礎とする。「違うではないか」と思う人がいるかもしれないが、実はそうではない。東洋の「3日=1年」は正確に言うと「3同一干支日=1年」という捉え方なのだ。つまり、東洋の場合には「干支暦」なので、一年間の間に“同一の干支日”が6回巡って来る。ここが重要なのだ。6回巡るので、本来なら「6日=1年」としたいところだが、陰陽の理論から、男女の運は「逆方向に向かう」という、解かったような解からない理論によって男女の仮想進運を、片方は順行させ、片方は逆行させる。こうすることによって「6干支日」は「男=3日間・女3日間」となって、合わせて6日間となり、一年間の“同一干支日”が埋まる。これが推命学上で「3日=1年」と観たてるそもそもの根拠なのだ。ちょっとややこしいが、要するに根拠として元々薄弱なものなのだ。だから、そんなものに振り回される必要などない。今日のような、あっという間に“世界が変わる”ような時代に「十年間は大きな運が変わらない」と考えること自体が虚しいではないか。


最近の記事はこちら

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.