素顔のひとり言

「占いの哲人」が、東洋ホロスコープで新装開店

私のオンライン占いに、また一つ「占いの哲人」が10月最後の週から加えられました。ただ、この占いサイトは、実際には以前から存在していて、本当の意味での新規ではありません。いってみれば、パチンコ屋さんでよくやる「新装開店」というやつです。つまり、以前は天野雲海のみで受け持っていた占いサイトを、「波木星龍」という新機種を加えて、共同で受け持つようになった、ということです。そして、この占いサイトにおける一番の特徴は、西洋式占星術と、中国式占星術と、その両方をブレンドした形で占断を行っている、という点です。どちらかと言うと、天野雲海はビジネス占いに強く、波木星龍は恋愛・結婚占いに強い、という傾向をそれぞれ生かそうとする意図もあります。波木星龍のプロフィールの下には、日本の占星学というものに対する基本的捉え方や特徴について、歴史的背景から説き起こした興味深いエッセーも加えられています。日本の占星学に対する、私の基本姿勢を知ってください。


最近の記事はこちら

自らが創り出す「未来」

占星学や推命学の研究者の中には“先天的な運命”を動かしがたいものとして、本人の“意志”とか“選択”とか“努力”などを認めないような判断の仕方をされている方が多い。私自身も占星学や推命学の研究者であるか…続きを読む

あまりにもお粗末な「ツタンカーメン」番組

こういう番組をどう捉えれば良いのだろう。制作サイドは日本の視聴者をあまりにも軽んじすぎているのではないだろうか。7月18日のTBS古代エジプト世紀の大発見プロジェクト「ツタンカーメンと伝説の王妃330…続きを読む

日進月歩で「後退していく」占いの世界

世の中、日進月歩で進んでいくものが多い中で、まるで“後退りしている”ような世界が「占いの世界」だといってもよい。どうして後退りなのか、ここ20年ほど「新たな研究」「新たな学説」「新たな占い」「新進気鋭…続きを読む

人は“さまよいながら”生きていく

人間社会は「勘違い」で成り立っている。例えば、私は“書きもの”などでは何でも明確に“ズバズバ書く”ので、現実にもさぞかし「即断即決の人」「迷いのない人」「怖い人」であるかのよう誤解されがちだ。とんでも…続きを読む

「パスワード」という魔物

私は元々が“IT型の人間”ではないので、日頃から“IT関連のもの”は苦手である。その中でも一番厄介なのが「パスワード」で、あらゆる場合にこの部分で躓いてしまう。何故、もう少し簡単に設定できないのか。憶…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.