今日の迷言・余言・禁言

「厚化粧」が、女性たちを決起させた

都知事選挙で小池百合子氏が大差で当選した。「日本国」より先に“女性王国”が誕生した。正に“女性がリードする世界基準”に「東京都」が一歩先に“名乗り出た”のだ。ちなみに「わが北海道」は“進んでいる?”ので十年以上前から“女性王国”なのだが…。それにしても今年は“マスコミの威力”をさまざまな形で見せつけられている。マスコミから“狙い撃ち”されたら、表舞台で生きては生きないのだ。これは考えようによっては“怖いこと”で、この傾向が“行き過ぎる”と、例えば無実の人でも“犯罪者”に仕立て上げられる可能性も出て来る。そういう点で、マスコミが“世論をリードする”のを拍手喝さいしてよいかには疑問もある。ただトルコのように「クーデターに加担した」ということで記者21人が拘束される国に比べると、“思想の自由”が守られているのは良いことだ。今回は、前回に比べて投票率が10%以上も上回った。つまり、“普段、投票に行かない人”が投票所に向かった、ということになる。どういう人が“行った”のか。私は「厚化粧の人達」だと思う。選挙中盤、石原慎太郎氏は、小池氏に対して「厚化粧の女」という表現を使った。これに女性達が“猛反発”したのだ。猛反発したが、それは“心の中で”であって、正面切ってではない。これが重要なのだ。世の女性たちは、男性が考えるよりもはるかに“化粧”というものに対して敏感に反応する。自分の「顔」とか「容姿」というものに対して、意外なほど“或る種のコンプレックス”を抱いている人たちが多い。さまざまな理由から、顔に“手入れ”を施さなければならない場合も多いのだ。そういう人達は、石原氏の“土足で踏み込んだ”発言に、こころ秘かな反発を抱く。彼は、小池氏を蹴落とそうと思って“悪いイメージ”を与えたくて、あのような表現になったのだが、それは“逆効果”だったということである。無言の女性たちが、決起したのだ。もしかしたら、男性だが“化粧している”人たちも秘かに決起したのかもしれない。“行かない人達”が投票所へ向かったのだ。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.