今日の迷言・余言・禁言

「厚化粧」が、女性たちを決起させた

都知事選挙で小池百合子氏が大差で当選した。「日本国」より先に“女性王国”が誕生した。正に“女性がリードする世界基準”に「東京都」が一歩先に“名乗り出た”のだ。ちなみに「わが北海道」は“進んでいる?”ので十年以上前から“女性王国”なのだが…。それにしても今年は“マスコミの威力”をさまざまな形で見せつけられている。マスコミから“狙い撃ち”されたら、表舞台で生きては生きないのだ。これは考えようによっては“怖いこと”で、この傾向が“行き過ぎる”と、例えば無実の人でも“犯罪者”に仕立て上げられる可能性も出て来る。そういう点で、マスコミが“世論をリードする”のを拍手喝さいしてよいかには疑問もある。ただトルコのように「クーデターに加担した」ということで記者21人が拘束される国に比べると、“思想の自由”が守られているのは良いことだ。今回は、前回に比べて投票率が10%以上も上回った。つまり、“普段、投票に行かない人”が投票所に向かった、ということになる。どういう人が“行った”のか。私は「厚化粧の人達」だと思う。選挙中盤、石原慎太郎氏は、小池氏に対して「厚化粧の女」という表現を使った。これに女性達が“猛反発”したのだ。猛反発したが、それは“心の中で”であって、正面切ってではない。これが重要なのだ。世の女性たちは、男性が考えるよりもはるかに“化粧”というものに対して敏感に反応する。自分の「顔」とか「容姿」というものに対して、意外なほど“或る種のコンプレックス”を抱いている人たちが多い。さまざまな理由から、顔に“手入れ”を施さなければならない場合も多いのだ。そういう人達は、石原氏の“土足で踏み込んだ”発言に、こころ秘かな反発を抱く。彼は、小池氏を蹴落とそうと思って“悪いイメージ”を与えたくて、あのような表現になったのだが、それは“逆効果”だったということである。無言の女性たちが、決起したのだ。もしかしたら、男性だが“化粧している”人たちも秘かに決起したのかもしれない。“行かない人達”が投票所へ向かったのだ。


最近の記事はこちら

懐かしい「逃亡者」の正義感

人は根本的に“あまり変わらない”ものである。私がアメリカのTVドラマ「逃亡者」の日本語放映を最初に見たのは今から50年ほども前のことだ。このTVドラマは全米で爆発的にヒットし、それが日本でも放映され同…続きを読む

あらゆる点で「格差」が悲劇を呼ぶ

九州北部の“豪雨被害”の記憶が冷めやらない中、今度は秋田県が集中豪雨で“狙い撃ち”されている。近年になって、昔に比べて34%も集中豪雨が増えているというデータが公表されたばかりである。明らかに、日本の…続きを読む

ベストセラー作家・波木星龍の誕生?

世の中、暑くなるといろんな人が出て来る…まあ、そういうことで、ここにも一人、暑くなって“ベストセラー作家”になったかのような“勘違い男・波木星龍”が誕生している。「パピルス」という電子書籍店の“今週の…続きを読む

“ヤラセ心霊写真”は「霊」たちに失礼

世の中、一生懸命でも“中々報われない人”と、いい加減でも“スポットライトを浴びる人”とがいる。何も知らずに“TVに出てしまう人”もいれば、いつの間にか“霊に仕立てられてしまう人”もいる。7月19日TB…続きを読む

「偶像」を禁じながら「偶像」しか許さない矛盾

サウジアラビアでSNSにミニスカート姿で街を歩いた動画を載せた女性が逮捕された。イスラム教国でなければ、何ら問題の無い“後ろ姿”の動画である。サウジアラビアというのは、同じイスラム教国でも比較的“原典…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.