今日の迷言・余言・禁言

「友達」が「他人」に変わる時

久しぶりにTVで「ねむの木学園」の宮城まり子氏が出ていた。もう89歳となったようだが、若々しい声で「新たな映画を撮りたい」と意欲的だった。そのTVで「ねむの木学園」が“日本初”の肢体不自由児の学園であることを知った。“日本初”という部分を私は知らなかったのだ。私財をなげうって、肢体不自由児と向き合い続けた彼女の功績は立派以外の何物でもない。実は私は20代の一時期、“障害児”を対象としたボランティア活動をしていた。そのサークル名が「ねむの木の会(?)」だった。だから最初、私はその活動が“宮城まり子と関係があるのか”と思ったくらいである。実際には“肢体不自由児”ではなく“精神薄弱児”を対象としたボランティア活動の会だった。今、思うと、あまりボランティアに向いていない私が、よく何年もの間続けられたと思う。一時的には「青少年北海道ボランティア連盟理事」にまでなっていた。その後、演劇のサークルとか、小説のサークルにも入ったが、仲間的な交流が一番活発だったのは「ねむの木の会」だった。そう“仲間としての友達”を初めて得た。というか社会に出て“初めての友達”が彼らだった。少なくとも、私の中ではそうだった。そう思って一時期を過ごした。ところが、そのメンバーの中でも、もっとも仲が良かった人物の一人と、十数年経って全然別の何かで再会した時、彼はなぜか私を無視した。初対面であるかのようにふるまったのだ。本当に忘れているのではないかと、私が昔を持ち出しても、明らかに“無視”された。早くも“白髪交じり”になっていて、その風貌の変化にも驚いたが、何よりも“心の変化”に戸惑ってしまった。仲間数人と、朝まで彼の部屋で過ごしたことさえあった。忘れるわけがないのだ。私は正直ショックで、もう“昔の仲間に会うのはよそう”と思ったくらいだ。あれから30年近くが経った。あの時、既に“白髪交じり”だった彼は、もう会っても“本当にわからなくなっている”ような気もする。


最近の記事はこちら

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

窓のマークが「謎」を解く鍵?

アメリカのカリフォルニア州で17歳の少女が警察に助けを求めて発覚した事件。自宅に13人の子供たちを“監禁・虐待した容疑”で、1月14日、その家の父親と母親とが逮捕された。自宅に2歳~29歳までの自分の…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.