今日の迷言・余言・禁言

「反則タックル」はプロレスで活かせ!

最近、スポーツ関係での「パワハラ」問題、行政関係での「セクハラ」問題などが報道されることが多い。どのような分野でも“行き過ぎ”“やり過ぎ”は問題なのだが、過度に神経質になって、何でもかんでも「パワハラ」とか「セクハラ」とか騒ぎ出すのは感心しない。例えば、日大アメフトの“反則タックル”だが、確かにあれはやり過ぎである。それがコーチとか監督からの指示ならば、それに関わった全員が謝罪すべきであり、アメフト部そのものを解体してしまった方が良い。ただ元々アメフトというのは“格闘技”的な要素の強いスポーツで、そういう意味では、どこまでが許されて、どこからはストップなのか、その辺のところを“きちんと教える”のが監督やコーチなのではないだろうか。どのような分野でも、ここまでは“セーフ”だが、ここからは“アウト”という部分がだいたい決まっている。これはパワハラ問題、セクハラ問題、両方ともに言えることで、昔はそういう点、ぎりぎりのラインを与える側も、受ける側も何となく心得ていたような気がする。反則タックルで相手を病院送りにした宮川泰介氏は、指示されてやった行為というが「殺してこい!」といわれてやるなら、懐かしい「オウム」メンバーや暴力団員と同じである。反則が許されるのは“プロレスの世界”である。だから、彼にはプロレス団体が勧誘しに行けば良い。そうすれば、反則をどんどん行って思う存分活躍ができる。アントニオ猪木氏は力道山の“付け人”時代に、毎日のようにビール瓶で頭を殴られていたそうだ。後になって、何がプラスに作用し、何がマイナスに作用するか、人生誰にも分らない。私は、宮川氏には今回の事件が必ずプラスに作用するだろうと思っている。現代は、あまりに“近視眼的”に物事を捉え、“良い”とか“悪い”とか言いすぎるような気がする。


最近の記事はこちら

「恥ずかしながら…」復活する“日の丸弁当”⁉

懐かしい響きの言葉に「日の丸弁当」というのがある。この弁当を説明しなくても解かる人は、それなりの“お歳”かもしれない。お弁当箱を開けた時、真ん中に“丸い梅干し”だけが入っていると「日の丸」が誕生するの…続きを読む

ややこしい「X」という“第3の性”

最近は「LGBT」という用語も頻繁に見かけるようになって、説明の必要がなくなりつつある。要するに“広義の同性愛的”生き方を求める人たちの総称である。ところが、ここにきて「もう一つの形」が加わりそうなの…続きを読む

「逆イールド」が日本株を急落させる⁉

今年の1月5日、私は今年の「日本株」がドル円相場や原油価格が落ち着くまでは、完全な“上昇気流”に乗ることは難しくアップダウンの激しい相場展開になるだろうことを予告した。ドル円相場では1ドル113円台に…続きを読む

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.