今日の迷言・余言・禁言

「反日」から「精日」へ、若者たちの変化

今、中国で静かに“動き始めている”ものがある。それは「反日」から「精日」への静かで確かな“動き”である。「反日」とは言うまでもなく、日本国を敵視する考え方。一方「精日」とは「精神日本人」とも呼ばれる若者たちの総称で、日本国に学ぼうとする考え方。しかも、この「精日」の若者たちは日本を何回も訪れている人たちに多く、教養が高く、国際感覚を持っている富裕層の若者たちだ。彼らの中には戦争当時の日本の“軍服”を着て、SNSで写真をアップする者達もいる。ちょっと“行き過ぎ”の感も否めないが、中国の外相は「精神日本人は中国の恥さらしだ」と怒っている。中には「精日」が高じて「日本国籍」を取得しようとする者までいる。ここまでいくと、う~ん、と思ってしまう。ただ、一時期のような「反日運動」がなくなったことだけでも喜ばしい。中国で反日教育がなくなったわけではない。けれども、実際に日本にやって来る若者が多くなって、或いは国際的な視野を持つ若者が多くなって「日本」というものを“再認識・再評価”し出していることは大変良いことである。確かに、ここ二十年ほどで中国は大きく変貌した。今の若者は、昔と違って経済力も身に付けたことで、或る意味で日本へのコンプレックスがなくなったのだ。その結果、正当に日本を評価できる若者が多くなった証なのではないだろうか。彼らは「礼儀正しく秩序を守る日本人の行動スタイルに従う」というのが「精日」を名乗る目的なのだ。言ってみれば“生活スタイル”から見習おうとしているわけで、変な政治思想からではない。現在、日本ではBSで「眠りの森のシンデレラ」という中国ドラマが放映されている。最近の中国の若者たちに圧倒的な支持を受けたドラマだそうだ。ファッション業界を扱ったドラマだが、このドラマには現代の中国の“若者の生き方・考え方”が反映されている。おそらく、こういうドラマを支持した若者たちが、徐々に「精日」へと向かっていくのに違いない。そこに“昔を引き摺り続ける”韓国の若者たちとの微妙な違いがあるような気がする。


最近の記事はこちら

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.