今日の迷言・余言・禁言

「古代遺跡」が生まれ変わっていく

カナダの15歳の少年が“新たなマヤ遺跡”を発見した。もっとも現段階ではNASA“衛星写真上の発見”だが、ユカタン半島の密林地帯に86メートル四方のピラミッド遺跡と数十の家屋の点在が確認されている。この発見が15歳の少年によって成し遂げられたことに驚く。彼は現地に赴くことなく、これをやってのけた。どうして可能だったのかというと、一つの仮説を立て、その仮説に沿って遺跡マップを見た時“足りない遺跡”があることに気付いたからだ。その仮説とは「マヤ遺跡都市は夜空の星座を模して造られたのではないか」というものだった。あまりにも“不便な地域にばかり都市が造られている”ことに疑問を持ったのが、発想の原点だった。そこで“遺跡マップ”と“星座マップ”を重ね合わせると22遺跡がぴったり一致したが、一つだけ“不足している遺跡”が存在したのだ。そこで衛星写真を取り寄せ、拡大して、ついに“新たな遺跡”を発見したのだ。実は、マヤ遺跡が「星座と関係があるのではないか」という指摘は、かなり前にエイドリアン・ギルバートによっても指摘されている。ただ彼の仮説は、古代エジプト文明との関係性から主張されたもので、各地のピラミッド遺跡がそのまま星座の“恒星位置に対応している”という仮説ではない。その古代エジプト文明の方でも、今年に入って“ツタンカーメン王墓の奥の部屋”に俄然、注目が集まっている。未発見の「母親の墓室ではないか」という仮説があるからだ。ところで中南米には「ナスカの地上絵」もある。あまり知られていないが、近年、続々と“新たな地上絵”が、それも日本人研究者などにより発見されている。ITが進んだことで「古代遺跡」の“仮面”が次々と引き剥がされていく。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.