今日の迷言・余言・禁言

「古代遺跡」が生まれ変わっていく

カナダの15歳の少年が“新たなマヤ遺跡”を発見した。もっとも現段階ではNASA“衛星写真上の発見”だが、ユカタン半島の密林地帯に86メートル四方のピラミッド遺跡と数十の家屋の点在が確認されている。この発見が15歳の少年によって成し遂げられたことに驚く。彼は現地に赴くことなく、これをやってのけた。どうして可能だったのかというと、一つの仮説を立て、その仮説に沿って遺跡マップを見た時“足りない遺跡”があることに気付いたからだ。その仮説とは「マヤ遺跡都市は夜空の星座を模して造られたのではないか」というものだった。あまりにも“不便な地域にばかり都市が造られている”ことに疑問を持ったのが、発想の原点だった。そこで“遺跡マップ”と“星座マップ”を重ね合わせると22遺跡がぴったり一致したが、一つだけ“不足している遺跡”が存在したのだ。そこで衛星写真を取り寄せ、拡大して、ついに“新たな遺跡”を発見したのだ。実は、マヤ遺跡が「星座と関係があるのではないか」という指摘は、かなり前にエイドリアン・ギルバートによっても指摘されている。ただ彼の仮説は、古代エジプト文明との関係性から主張されたもので、各地のピラミッド遺跡がそのまま星座の“恒星位置に対応している”という仮説ではない。その古代エジプト文明の方でも、今年に入って“ツタンカーメン王墓の奥の部屋”に俄然、注目が集まっている。未発見の「母親の墓室ではないか」という仮説があるからだ。ところで中南米には「ナスカの地上絵」もある。あまり知られていないが、近年、続々と“新たな地上絵”が、それも日本人研究者などにより発見されている。ITが進んだことで「古代遺跡」の“仮面”が次々と引き剥がされていく。


最近の記事はこちら

「反則タックル」はプロレスで活かせ!

最近、スポーツ関係での「パワハラ」問題、行政関係での「セクハラ」問題などが報道されることが多い。どのような分野でも“行き過ぎ”“やり過ぎ”は問題なのだが、過度に神経質になって、何でもかんでも「パワハラ…続きを読む

「グランドクロス」を生きる人々

「ピーター」と呼ばれていた池畑慎之介氏がちょっとだけ“休業”し、もう「ピーター」の名は使わないらしい。これを「休業宣言」と受け止めて良いかは疑問だが、とにかく「休み」が欲しくなったのだな…ということだ…続きを読む

「ZOZO」は“世界”へ飛翔できるか

ファッション通販のショッピングサイトとして絶大な人気を誇る「ZOZOTOWN」を運営している株式会社スタートトゥディが6月26日の株主総会で社名変更を決議する。社名も「ZOZO」に変更・統一するという…続きを読む

「二刀流・松坂」が始まる

私が開幕前から予告していたように、中日の松坂大輔投手が「二刀流」で2勝目を挙げた。20日の試合で、その第2打席、第3打席で二打席連続のヒットを放ったのだ。「松坂大輔」といえば、もう“過去の人”だった。…続きを読む

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.