今日の迷言・余言・禁言

「向上心」が“仇(あだ)”となることもある

一般的に言えば「向上心」が強いことはとても良いことだ。勉強でも仕事でも、向上心が強い人たちは日々努力をする。どうすれば、より良い生活が送れるか、より自分を高められるか、常に“前向き”で、努力を怠らない。但し、その「向上心」が“仇”となってしまうことも世の中にはある。なぜなら、どんなに努力をしても、どんなに上を目指しても、自らの“思い”に“結果”がついて来るとは限らないからである。向上心が強ければ強いほど、その努力に見合う“成果”が出せないと、煩悶してしまうことになる。要するに「ストレス」が溜まるのだ。人一倍“向上心”が強い人は、人一倍“ストレス”を溜め込みやすい人でもあるのだ。第三者的にみると、あんなに努力して、日々奮闘して、頑張っているのに、どうして“成果”を出せないんだろうと思うことがある。本人も、こんなに日々一生懸命なのに、どうして“目標”には届かないんだろうと思うことがある。実は“頑張りすぎ”も、良くないのだ。自分自身にプレッシャーが掛かり過ぎ、のびのびと過ごせなくなって、素質や能力も“萎縮”してしまうケースがしばしばみられる。そうするとますます“自信を失い”自らを“過小評価”し過ぎるように変わってしまうことがある。つまり、これだけ一生懸命頑張って、この程度の結果しか出せないのだから、自分には能力がないのだとか、元々が力不足だったのだとか決めつけてしまう。違うのである。強すぎる「向上心」が手足を縛り、プレッシャーを掛け、本来の素質や能力を閉じ込めてしまうケースがあるのだ。向上心が強いこと自体は決して悪いことではない。ただ自分に“負荷”を掛け、“目標”で縛り、“絶対に…”という「枠」をあてはめすぎると、身動きが取れなくなって、ストレスが溜まり、結果的に“本来の力”を発揮できなくなってしまうケースもあることを知ってほしい。


最近の記事はこちら

「平成駆け込み婚」&「令和婚」と天王星アスペクト

私は基本的に自分の宣伝めいたことを書くのはあまり好きではない。ただ今回は占星学の研究者には参考になるかもしれないので、一応記しておく。月に1回(厳密に言えば現在は2回分)ココロニという占いコンテンツ企…続きを読む

「警察で預かる」と詐欺した巡査長

職業的にみて「絶対にやってはいけないこと」というのがある。例えば、警察官が特殊詐欺に遭いそうになった人のお宅に出向いて行って“詐欺をする”なんて、これはどう考えたって救いようがない。親切そうだった現職…続きを読む

購買率95%男性「お嬢様聖水」は“美容飲料”⁉

最近は“ネーミング”ひとつで同じ商品でも売れたり、売れなかったりする。今、密かに話題となっているのは「お嬢様聖水」だ。別に“成人向け”なわけではない。けれども、一般のコンビニなどではまだあまり置かれて…続きを読む

お手本とすべき「ぱみゅぱみゅ」の言葉

人間には元々“偏見”の強い人と、少ない人とがいる。口では「平等」などと言いながらも、その言動を見ると、とても平等な見方を持っているとは思えない著名人も多い。昨日、私が感心したのは歌手きゃりーぱみゅぱみ…続きを読む

“過去は幻”として選択した「ビートたけし」

私が「こいつはスゴイ‼」と驚いたのは、まだ世間的には「ビートたけし」の名が浸透していない頃であった。何気なく見た番組で吉田拓郎氏がゲストとして呼んだのがTVに出始めたばかりのビートたけし氏であった。そ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.