今日の迷言・余言・禁言

「命」を育てるということ

最近、出産した乳幼児を母親が殺してしまう、或いは遺棄してしまう事件が後を絶たない。24歳の母親はドラッグストアの女子トイレに生後間もない男児を遺棄したが「一人で育てることに不安があった」という。36歳の母親は生後2か月の女児が泣き止まずにイライラが募り「殺せば静かになる」と思ったという。確かに静かになる。少子化が叫ばれる中で、昔と異なり核家族で“子育て”を教えてくれる人が身近にいないケースが多い。妊娠・出産・子育ては、他の家事などと違って家電製品が補えない。どんなに科学が進んでも、どんなに生活が楽に変わっても、この部分だけは“動物に戻り”原初と同じ道を通らなければならない。しかも、男性は“代わること”ができない領域なのだ。女性だけが妊娠・出産・(乳幼児)子育てで“苦痛”を味わわなければならない。けれども、それゆえの“特別な喜び”も同時に味わう。「母親」は女性にしかなれない。しかも、女性なら全員なれるのかというと、そうではない。或る意味では「母」という“選ばれし者”なのだ。そのように捉えるなら、子供は「親を選べない」というが、本当は「母を選んでいる」かもしれないのだ。或いは「神に選ばれている」かもしれないのだ。そういう“神聖な行為”が、妊娠・出産・子育てともいえる。もし、それが嫌なら、妊娠が発覚した時点で「堕胎」を決意すれば良い。その方が、選んでくれた神にたいして“失礼のない行為”であることに気付いてほしい。出産し「命」を預かったなら、育てていくのは義務だ。ただ現代は“義務”を過大視し、あまりにも手を掛け過ぎている人たちが多い。子育ての義務は“幼児期”までであって、それ以降は黙っていても子供は育つ。手を掛け過ぎるのも「命」を“枯らす”原因となるので注意しなければならない。


最近の記事はこちら

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

窓のマークが「謎」を解く鍵?

アメリカのカリフォルニア州で17歳の少女が警察に助けを求めて発覚した事件。自宅に13人の子供たちを“監禁・虐待した容疑”で、1月14日、その家の父親と母親とが逮捕された。自宅に2歳~29歳までの自分の…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.