今日の迷言・余言・禁言

「善意」が「仇」になってしまう可能性も…

最初は「素晴らしいことだ」と思った。けれども、よくよく考えると、もしかしたらこれは“大間違い”なのかもしれない、と思うようになった。ホームレスに対する英国の慈善団体からの“画期的なアイディア”である。それは不意の時でも困らないようにホームレス専用の“自販機”を設置するというのだ。つまり、慈善団体の方から認定を受けたホームレスには専用カードが配られ、それを用いれば、一日に付き三回まで無料で“生活必需品”が自販機から出て来る。確かに、これがあれば、夜間などでどうしても生活必需品が必要となった時、路上でそれを誰に気兼ねなく得ることが出来る。画期的なアイディアなのだ。飲料水、果物、サンドイッチ、靴下、トイレットペーパーなどの品々だ。確かに、夜中、そういうものが欲しくなることって、有りますよね。だから、そのアイディア自体は素晴らしいし、それに協力してくれる自販機の製造会社とか、食物の供給会社とか、種々の処にも協力を取り付け実現しようとしている努力は見上げたものである。確かに、それはそうなのだ。けれども、何かがおかしい。そう、これは“ホームレスの支援方法”としては間違ってはいない。間違っているのはホームレスから“通常社会”へと復帰するための意欲や意志が挫けてしまう可能性が大きいことだ。なぜなら、生活に“困らない”からである。むしろ、ホームレスにはなっていない一部の貧困者からすれば、贅沢なくらいの生活が享受できる。黙っていても、欲しいものが手に入るのだ。だから、“ホームレス生活”を脱出しようという意欲や意志が無くなってしまう可能性が大きいのだ。したがって、支援活動そのものとしては間違っていないのだが、自立への歩み、或いは本来の社会への“復帰活動”に対する意欲を奪い取ってしまう働きをしかねない。そういう意味では“大間違いの自販機”で、むしろホームレスを増やしてしまう可能性さえある。もちろん「善意」の発想であることは間違いないのだが、“ひきこもりの子”を“甘やかす親”との関係に、どこか似ている。


最近の記事はこちら

中村医師は「IS」存在誇示の標的となった

アフガニスタン周辺が“危険な地域”であることは誰もが知っている。けれども、少なくとも支援活動をしているNGOに対して銃口を向けることはないだろう…という甘い観測が、平和な国で暮らしていると、どうしても…続きを読む

「反面教師」が「血が流れる娘」に変貌する時

歌手・女優の神田沙也加氏と俳優の村田充氏が“離婚していた”ことが明らかになった。結婚当初は「おしどり夫婦」としてマスコミに取り上げられていただけに、あまりにも早い離婚劇が驚きを与えている。正直、私も、…続きを読む

「思いやり予算」は「ぼったくり予算」だった

ときどき政治家たちの資質を疑ってしまう時がある。連日「桜を観る会」のメンバーについて騒ぎつづけている。誰を招待しようが、そんなことはどうでも良い。もっと、政治家がやらなければならないこと、議論しなけれ…続きを読む

「希望」は自らが“見つけ出す”もの

今年9月に池袋のホテルで死体で発見された36歳の女性は、容疑者として逮捕された私大生に“殺人を依頼”していたことが初公判で明らかとなった。被害者とは初対面であったのに、容疑者は「嘱託殺人罪」という珍し…続きを読む

「7本指のピアニスト」は“7年間”で蘇った

「業(ごう)」という言葉にはさまざまな解釈がある。「仕事・職業」という解釈もあるし「日頃の行い」という解釈もあるし「過去世の報い」的な解釈もある。とにかく運命的なニュアンスの強い言葉ではある。時々ピア…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.