今日の迷言・余言・禁言

「善意」が「仇」になってしまう可能性も…

最初は「素晴らしいことだ」と思った。けれども、よくよく考えると、もしかしたらこれは“大間違い”なのかもしれない、と思うようになった。ホームレスに対する英国の慈善団体からの“画期的なアイディア”である。それは不意の時でも困らないようにホームレス専用の“自販機”を設置するというのだ。つまり、慈善団体の方から認定を受けたホームレスには専用カードが配られ、それを用いれば、一日に付き三回まで無料で“生活必需品”が自販機から出て来る。確かに、これがあれば、夜間などでどうしても生活必需品が必要となった時、路上でそれを誰に気兼ねなく得ることが出来る。画期的なアイディアなのだ。飲料水、果物、サンドイッチ、靴下、トイレットペーパーなどの品々だ。確かに、夜中、そういうものが欲しくなることって、有りますよね。だから、そのアイディア自体は素晴らしいし、それに協力してくれる自販機の製造会社とか、食物の供給会社とか、種々の処にも協力を取り付け実現しようとしている努力は見上げたものである。確かに、それはそうなのだ。けれども、何かがおかしい。そう、これは“ホームレスの支援方法”としては間違ってはいない。間違っているのはホームレスから“通常社会”へと復帰するための意欲や意志が挫けてしまう可能性が大きいことだ。なぜなら、生活に“困らない”からである。むしろ、ホームレスにはなっていない一部の貧困者からすれば、贅沢なくらいの生活が享受できる。黙っていても、欲しいものが手に入るのだ。だから、“ホームレス生活”を脱出しようという意欲や意志が無くなってしまう可能性が大きいのだ。したがって、支援活動そのものとしては間違っていないのだが、自立への歩み、或いは本来の社会への“復帰活動”に対する意欲を奪い取ってしまう働きをしかねない。そういう意味では“大間違いの自販機”で、むしろホームレスを増やしてしまう可能性さえある。もちろん「善意」の発想であることは間違いないのだが、“ひきこもりの子”を“甘やかす親”との関係に、どこか似ている。


最近の記事はこちら

仮想通貨は持っても、現金決済する日本人

不思議な国「日本」。何しろ“形の無い”通貨=「仮想通貨」を沢山の人達が持っているのだ。何んと世界一。その一方で、実際に支払いに使用しているのは圧倒的に“現金”。それを証明するデータが公表された。日本、…続きを読む

誰も悪くないのに…

世の中には、誰も悪くないのに“不幸”が忍び寄って来ることがある。女優の藤真利子さんは、10年間の自宅介護生活を経て2016年11月に母親・藤原静枝さんを亡くした。4歳の時に人気作家だった父親・藤原審爾…続きを読む

東京五輪の「江頭2:50」が危ない!

そう言えば、この人、どこにでも出かけていく。平昌五輪に出掛けて行って「北朝鮮の美女応援団」の手前で“独特のポーズ”をとっていたとしても驚くに当たらない。ネットユーザーが見つけて拡散したらしいが、そのざ…続きを読む

毎年1000名以上が「凍死」している

今年は全国的に“寒い冬”だと言われる。確かに寒い。だが日本では、まだ「凍死」するほどの寒さではないだろう。誰もが、そう思う。ところが、そうではないのだ。実際に“凍死している”人達が沢山いるのだ。それは…続きを読む

札幌市が“二つの問題”で揺れている

昔と違って、行政が頭ごなしに“物事を決めていける”時代ではなくなった。ましてや周辺環境の整備問題や、莫大な税金が投じられる問題の場合には、なおのことである。札幌市の場合、今年は“二つの問題”で、揺れに…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.