今日の迷言・余言・禁言

「四川省の森林火災」が予告するもの

私が年初からもっとも“不安視”していたものが、徐々に具体化しつつある。年初から、何をもっとも“怖れ”ていたかと言えば「防ぎようのない自然災害」だった。私は年初にオーストラリアで森林火災が猛威を振るっていた時、本能的に「これは危険だ」と思った。何よりも危険さを感じたのは「防ぎようがない」という部分だった。日本にはオーストラリアのような“広大な森林地域”は存在していない。だから、そういう点では、我が国は心配しなくても良いのかな、と思った。それなのに、妙な胸騒ぎのようなものが残った。その後、ほどなくしてフィリピンで火山の爆発があり、バトンを渡されたな、と感じた。けれども、これは想像したほどの被害には至らなかった。そして次に中国の“新型ウィルス”のニュースを知って「これだな」と直感し、それを書いた。その後は、いうまでもないような状況が続いていて「防ぎようのない自然災害」は世界中に伝播した。けれども、私は何となくまだ納得していなかった。これだけではないような気がしていたからだ。そして昨日、中国の四川省で、大規模な森林火災が起こっていて、人口70万人の街である西昌市郊外から出火し、この街全体が“危険領域”に入りつつあるというのだ。必死の消防隊員が18名も死亡したという。そういえば、昨年にはカリフォルニアでも大規模な森林火災があった。何となく、本家本元の「防ぎようのない自然災害」に地球全体が徐々に浸食され始めてでもいるような危険な兆候なのだ。アメリカと中国とが世界の覇権を争って“貿易戦争”をおっぱじめてから、ろくなことがない。“新型ウィルス”の蔓延で、今や世界中が“虫の息”状態となってしまった。もはや覇権どころではない。自国の経済をどうやって支えていくか、大不況がやって来そうなのを、どうやって喰い留めるか、そっちの方に関心が移っている。私はだから、誰も騒ぎ出してない段階で、世界の株価が大暴落して、それが日本の経済にも必ず襲って来ることを述べておいた。けれども、その時点では誰も経済に直結するようには捉えていなかった。「株価なんか、私の生活に関係ありませんから…」という人がほとんどだったろう。私の「先を見る眼」は、昨日の「四川省の森林火災」を重視する。これが、それ以外の地域に“妙な形”で、文字通り「飛び火」することを怖れるのだ。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.